みつい 禮の演歌部屋


作品№105 はぐれ恋

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川 龍之介 
唄:演歌男宿 yanyoutube 戸高 登 榛名津あき 江木えきひと 群馬のオヤジ yutakasuko aya まいど maidojapan otokoyado 

  唄:①gaidomero・karaoke・totaka ②otokoyado・ekihito・aya 
  ③yansuzuki・maido・aki


お酒は浮世の なみだ水        d0095910_16421918.jpg
飲むほど苦さが 増すばかり
あなた私が見えますか 見えますか
夢にひとひら 散るさくら
胸の痛さよ 春の迷い鳥

並んだ夜店の かき氷          
おぼえていますか 夏まつり     
おまえだけだよ見えるのは 見えるのは
いまも信じて 待ちわびる
揺れるあの日の 遠い町灯り

紅葉のうしろで 待つ冬に
書きたす文字さえ 乱れがち
恋にはぐれりゃ翔べません 翔べません  
あなた呼ぶよに 啼く千鳥     
投げてせつない 夜の雪つぶて

(2006年4月10日発表)
# by jijirei | 2006-11-05 12:20 | 2006年の作品(25曲)


作品№104 玄さんの海

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川 龍之介 
唄:戸高 登 suko yansuzuki 榛名津あき  
  英語ヴァージョンB. Ito 演歌男宿 youtubeyan 
  yan&riyu まいど 小林 進 ヤン&龍 maido
  カラ・yan&riyu・totaka ヤン&龍・suko・maido
 
 B・ito・otokoyado・aki

d0095910_78093.jpg

〜お~い
玄さ〜ん〜        

吹雪く下北 大間の漁港 
陸(おか)に上がった 髭っ面
剃れば泣きやむ 可愛い孫に
漁師玄(げん)さん とつとつと
海の話を して聞かす

命知らずの 最北漁場
腕がものいう 仕事場さ 
倅(せがれ)まだまだ 半人前と
呑めば玄さん ほろ酔いの
津軽太鼓の 乱れ打ち

我慢投げだしゃ 獲物は遠い
追うはマグロの でかいやつ
性根(しょうね)据えなきゃ 恵比寿は来ぬと
今日も玄さん ごつい拳(て)を  
空に突き上げ 沖に出る 

〜お~い 玄さ~ん〜

(2006年3月30日発表)
# by jijirei | 2006-11-05 11:14 | 2006年の作品(25曲)


作品№103 海峡越えて

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川 龍之介 
唄:演歌男宿 戸高 登 まいど 榛名津あき 群馬のオヤジ 
  suko maido yutaka ⑦maido
  ①GaidoMero②Karaoke③Todaka ④YanSuzuki⑤Suko⑥Aki  



d0095910_17563846.jpg
追わないで 追わないで
あなた追わないで・・・
やさしすぎたの だめになりそうよ
許してください わがままを
さよならもいえないままに海峡越えて
わたし南へ 帰ります

責めないで 責めないで
カモメ責めないで・・・
二年暮らした 北の町だもの
忘れはしません アカシヤも
決めていた泣かないはずの涙があふれ
未練海峡 雨模様

捨てないで 捨てないで
夢を捨てないで・・・
胸にしまった 花を咲かせてね
身を引くおんなの 独り言
窓叩く雨がいつしか吹雪にかわり
汽笛ひと声 春を呼ぶ

(2006年3月6日発表)
# by jijirei | 2006-11-05 10:09 | 2006年の作品(25曲)


作品№102 土佐守一豊

NHK大河ドラマ「功名が辻」山内一豊公出生地は、わが町愛知県一宮市です

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川 龍之介 
唄:suko 榛名津あき 群馬のオヤジ 演歌男宿 yan suzuki まいど
  戸高 登 小林 進 maido
①YanSuzuki②Karaoke③GaidoMero④Todaka⑤Suko⑥Otokoyado⑦Aki


d0095910_15525290.jpg
去るは哀しき 黒田の城よ
逃(のが)れ地を這う 流浪人(るろうびと)
天下盗るより 仕(つか)えて生きりゃ
乱世の風が 真(まこと)とり柄の背中おす
あぁ つらぬく忠臣 頼もしや 

討たれ朽(く)ちたる 兄じゃの無念
消すに消せない 痛みでも
想いひとすじ 泰平和楽(たいへいわらく)
物腰低く 踏まれ根を張る雑草の  
あぁ 時代にのまれぬ 意志強し    

千代の内助は 女の鑑(かがみ)
出世半分 妻が持ち
まわる清貧(せいひん) 笑顔で耐えりゃ
運さえ味方 いつか蕾も華になる 
あぁ 土佐守一豊 功(いさお)しや

(2006年2月14日発表)
# by jijirei | 2006-11-05 09:03 | 2006年の作品(25曲)


作品№101 近江路ひとり

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川 龍之介 
唄:suko まいど 小林 進 榛名津あき 群馬オヤジ  
  戸高 登 演歌男宿
 ①GaidoMero②Karaoke③YanSuzuki④Todaka
 ⑤Suko⑥Aki⑦Otokoyado⑧Ekihito


d0095910_22351188.jpg

湖東三山 血染めのカエデ
山鳥一羽 地を這う野火に    
小ちゃなからだ 追われて啼けば・・・
逃げちゃだめ 逃げちゃだめよと  
小春日和の 風が吹く

ひとり近江路 おんなの杖は
背を押す雲と あなたがたより
季節はずれの 歌でもいいの・・・
聞かせてよ 昔のように
軒にあかあか 吊るし柿

おんな泣き虫 不断の桜
待ってもあなた 還らぬ人ね
こころの整理 つかないけれど・・・
泣いちゃだめ 強く生きなきゃ 
湖東三山 偲び旅

(2006年2月6日発表)
# by jijirei | 2006-11-05 08:55 | 2006年の作品(25曲)


作品№100 あぁ名古屋城

みつい 禮作詞 100曲記念作品
d0095910_7332838.jpg
作 詞:みつい 禮
作編曲:市川 龍之介 
唄:suko 戸高 登 小林進 榛名津あき 
  群馬のオヤジ みつい 禮 yan    
  aki まいど のん maido  演歌男宿
①Karaoke②GaidoMero③Noboru④YanSuzuki
⑤Otok­oyado⑥Maido⑦Mitsui⑧Suko
⑨Yutaka⑩Aki
  

・・・吟声は ~ 朗々と・・・
栄枯盛衰(えいこせいすい)家康偲ぶ
尾張六十 二万石
明日に栄華 あるやなし
歴史を結ぶ 水の音
あゝ 月と語るや 天守閣

・・・暁は ~ しらじらと・・・
時の移ろい 迅矢(じんや)の如く
夢はまぼろし 人の世の
はかなき命 風は知る
まだ見ぬ雪ぞ 伊吹山
あゝ 閉ざす二之門 冬近し

・・・天高く ~ 粛々と・・・
生まれ故郷に 雁がね帰る
金のシャチホコ 何想う
戦に散りし 幾千の
魂今も 草まくら
あゝ 哀れ武士(もののふ)名古屋城

(2006年1月15日発表)
# by jijirei | 2006-11-05 07:48 | 2006年の作品(25曲)


作品№99 演歌星~えんかぼし~

d0095910_1320943.jpg演歌の☆こと中川芳郎(岡 ちさと)氏をモデルに

作 詞:みつい 禮
作編曲:岡 ちさと 唄:中川芳郎

伊勢は津で持ち 津は伊勢で持つ
演歌の星は 妻で持つ
今年も咲いたよ 咲いた 八重桜
おかげ横丁 妻の手とって
歩こうか

月は十六夜 伊勢志摩めぐり
真珠は英虞の 湾(うみ)育ち
そうだな磨けば ひかる おれたちも
同じ湯舟に 汐風呼んで
浸かろうか

星が降る降る 二見ヶ浦に
寄せては返す 夫婦波
今夜はとことん 呑もう 夜明けまで
おまえ道づれ これから先も
演歌星

(2006年1月9日発表)
# by jijirei | 2006-11-05 06:40 | 2006年の作品(25曲)


作品№98 中仙道に春が

作 詞:みつい禮
作編曲:市川 龍之介  からおけビデオ 
唄:yan suzuki maido utafuusen 
  まいど 小林 進 noboru suko
①Karaoke②GaidoMero③Todaka④Suko⑤Maido
⑥YanSuzuki⑦Ekihito⑧Aki⑨Yutaka




d0095910_703959.jpg
しぐれ塩尻 辛くはないさ
惚れた飯屋の 愛嬌娘
人情炊き込む 飯は泣けるぜ
風がつぼみを 梅に運べば
中仙道に春が来る

鳥居峠の 椿のような
雪の重さに 耐えて咲く
お袋みたいな 娘なんだぜ
きっと気に入る 連れて帰るよ
中仙道に春が来る

土に還った 落葉が肥やし
一里塚にも 名無し花
人生門出は 恵那か瑞浪
苦労承知の 夢が積み荷さ
中仙道に春が来る

(2006年1月2日発表)
# by jijirei | 2006-11-05 05:34 | 2006年の作品(25曲)


作品№97 好きさ好きだよふるさとが・・

作 詞:みつい 禮d0095910_14182435.jpg
作編曲:叶 幸生 唄:中川芳郎
  youtube中川芳郎

親父はいまも 達者かな 
ささいな喧嘩 親不孝
どちらも気性 はげしくて
我慢ができず 飛び出した

思えばいまの 俺ならば
とことん話し あったろに
ごめんおふくろ 泣かせたね
あの日のことは 忘れない

咲いた 咲いた ふるさとの花
咲いた さくら あたたかく

咲いた 咲いた ふるさとの花
咲いた さくら いつあえる

あれから五年 あの欅(けやき)
ふるさと自慢 村はずれ
一軒あった 万屋(よろずや)の
加奈ちゃん嫁に 行ったろか

今年はさくら 咲く頃に
止まった時計 ふるさとで
戻し親父と 仲直り
ひと風呂浴びて 酒盛りだ

咲いた 咲いた ふるさとの花
咲いた さくら あたたかく 

咲いた 咲いた ふるさとの花
咲いた さくら またあえた 

咲いた 咲いた ふるさとの花
咲いた さくら あたたかく 

咲いた 咲いた ふるさとの花
咲いた さくら またあえた

(2006年1月1日発表)
# by jijirei | 2006-11-05 04:28 | 2006年の作品(25曲)


作品№96 尾張の歌バカ  演歌ばか

尾張の演歌爺さんこと筋田洋明氏をモデルにd0095910_1432474.jpg

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介 
台詞作:筋田洋明 
  唄:noboru suko 群馬のオヤジ
 まいど 榛名津あき 戸高 登 小林 進
  Todaka②GaidoMero③YanSuzuki④Maido
  ⑤Suko⑥Aki⑦Karaoke


齢(よわい)七十 まだひよこ 
のぼる朝日に 両手を合わせ
朝飯前の 喉馴らしd0095910_20535063.jpg
ひと花咲かせる 心意気
持たなきゃ枯れるぜ 歌の技
俺は尾張の歌バカ 演歌ばか
(台詞)
明けても暮れても
喉からでるのは夫婦演歌に
人情演歌
オット忘れちゃいけねぇ
一番好きな股旅演歌だ
何の取り柄もない
馬鹿な男が元気な証に
悪声張り上げ演歌節
今月今宵の十六夜(いざよい)月も 俺の演歌を聴いてくれてらぁ
うれしいね ありがとう・・
孫と添い寝の 子守唄
出るは鼻歌 いつもの演歌
孫より先に 高いびき
こころが命の 浮世歌
義理と人情 うなり節
爺(じい)は尾張の歌バカ 演歌ばか
(台詞)
今日は大劇場での(今夜は紅白歌合戦の)晴れ舞台
女房がきて せがれ夫婦も孫と来て 友も来ている
嬉し涙で声がでず ハット目が覚め顔はクシャクシャ
なんだぁ~夢だったのかぁ・・小便(しょんべん)たれてまたひと眠り
スターになった夢の続きでもみるとするか ハぁハァハァ・・
どうせ人生 一度なら
終わりよければ すべてがよしと
歌って幕を 降ろしたい
胸突き八丁 男道
歌ありゃ極楽 演歌道
俺は尾張の歌バカ 演歌ばか

(2005年12月17日発表)
# by jijirei | 2006-11-05 03:10 | 2005年の作品(24曲)

    

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧