みつい 禮の演歌部屋


2018年 11月 08日 ( 1 )



知っていると生き方が変わるNo.115 藤本幸邦の名言

2018年11月8日(木)UP
シニアライフ 音楽
 ▼藤本幸邦 (1910年8月29日・2009年12月4日)曹洞宗円福寺住職。2016年4月老人会でお邪魔した<味噌なめたかで>有名な関興寺(新潟県)の玄関にあった衝立『照願脚下』(履物を揃えて脱ぎましょう)とは「自分の足元を見よ」「自分の行いを見よ」と言う意味で、それを子どもにも分かるように、行動として身につくようにとこの詩を作られたそうです。『はきものを そろえると 心もそろう 心がそろうと はきものもそろう ぬぐときに そろえておくと はくときに 心がみだれない だれかが みだしておいたら だまって そろえておいてあげよう そうすればきっと 世界中の 人の心も そろうでしょう 』全く付け加える文言はありませんよね。▼ある小学校の校長先生が修学旅行でこの詩の紹介をされたそうですが、守れないグループもあったようで、残念がっておられました。

d0095910_18103526.jpg
d0095910_18104201.jpg
d0095910_18105164.jpg


by jijirei | 2018-11-08 07:00

    

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧