みつい 禮の演歌部屋


2018年 02月 20日 ( 1 )



ひかり学園・書の世界(ギャラリー葵にて)

2018年2月20日(火)UP
シニアライフ 音楽
 知的に障害のある人達の「書」には、自分をストレートに表現した個性がにじみ出て、弾けんばかりの生命力がみなぎる作品ばかりで、これがハンディーを持った人達の作品かと・・今年も感動させてもらいました。良寛作の『手を振って泳いでゆくや鰯売り』『あこがれ』『ポジティブ』金子みすゞの『星とたんぽぽ』『空前絶後』『車』『おでん』『銭形平次』『砕ける』発想力の豊かさ、目の付けどころにおどろかされますよね。そして、入り口でお客さんを迎えてくれる『まるだ』という作品が掲げてありましたがどの作品も二重三重まる以上の力作ばかり、当然のこと描かれた作者には大きな拍手を惜しみません。さらにいえば、それぞれの個性感性を引き出して、素晴らしい作品までに導いてくださった先生方に感謝ですよね。
d0095910_11020682.jpg
d0095910_11021285.jpg
d0095910_11021734.jpg
d0095910_11022252.jpg
d0095910_11023033.jpg
d0095910_11023724.jpg
d0095910_11024207.jpg
d0095910_11024969.jpg
d0095910_11025733.jpg
d0095910_11030307.jpg
d0095910_11030969.jpg

by jijirei | 2018-02-20 07:00 | きまぐれ彩記

    

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧