みつい 禮の演歌部屋


2017年 10月 22日 ( 1 )



第39回全国公民館研究集会 第54回東海北陸公民館大会 (石川大会)

2017年10月22日(日)UP
シニアライフ 音楽
 全体会は19日(木)13時より金沢歌劇座 大ホールで県の無形文化財『加賀鳶梯子登り』の威勢と気魄迫るアトラクションで開催。参加者は1300名!!長年に渡る公民館功労者表彰などがあって、記念講演は鈴木大拙館館長・木村宣彰さん『世界人としての日本人〜鈴木大拙の生き方に学ぶ〜』海外での名声が高い、日蓮宗の朝夕のお勤めの経文の中に「四誓願」があってその一文を聴いたときビックリ<、意味も知らず唱えていたものが、誓うべき四つの基本的な誓いが、人のために努力する他人の為に誓うのだという、自分一人でなく皆と一緒に誓うことでより深まると。「人づくり・地域づくりの貢献する公民館」の大会宣言にぴしゃりの講演でした。20日(金)の分科会は第一分科会『地域の連帯を・恊働を推進する公民館』第二分科会『地域防災・減災の拠点としての公民館』第三分科会『人づくり・地域づくりに貢献できる公民館』は3コースに分れ▼3−1、「海側郊外部の地域のコミュ二ティの拠点としてのあり方」▼3−2、「人口減少が進む山間部での公民館活動」▼3−3、「少子高齢化が進む中心市街地のコミュ二ティの拠点としてのあり方」私は3ー3の分科会に出席、現地徒歩探索では道幅も狭く、入り込んだ古い町並み、坂道も多い徒歩には大変な地形。しかし、国際色豊かに観光客で賑わう「東山茶街」。現在、生徒数が全校106人の小学校4階建ての立派な馬場小学校が見学できたのはよかった。観光客が急増して、バス駐車場、コインパーキング、民宿、土産店、飲食店などが増加して、地域の人口は減少しているため、公民館の財源確保が困難になっているとのこと。地域とともに歩み、地域とともに生きる公民館と・・言葉では言えても折り重なって難題難問が・・。
d0095910_14552351.jpg
d0095910_14553217.jpg
d0095910_14553835.jpg
d0095910_14554284.jpg
d0095910_14554773.jpg
d0095910_14555441.jpg
d0095910_14560333.jpg
d0095910_14561130.jpg




by jijirei | 2017-10-22 07:00 | きまぐれ彩記

    

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧