みつい 禮の演歌部屋


作品№111 淡路恋人形

華房景子さんは<こじかボランティア芸能グループ>に所属して 稲沢市、一宮市を中心に介護施設の慰問などで 歌と踊りを披露され 今は日本クラウンからプロデビューされ「木曽川ごころ」で活躍されています。
◎越中太郎musicスタジオ借間カラオケページ
d0095910_15484180.jpg
詞:みつい 禮
作編曲:葵 新太郎 
  唄:youtube華房景子 華房景子
  maido

胸がこんなに痛むのは
はじめてなのですこのお登勢
一目でこころを奪われました
父の形見の人形頭
抱けば・・身分違いというけれど・・・
わたし わたしは 淡路恋人形

屋敷奉公あかぎれも
辛くはないですこのお登勢 
この恋ひとすじあきらめません
涙みせたらおんなが負けと
いまも・・母の口癖忘れない・・・
わたし わたしは 淡路恋人形

恋の仇は打ちません
さまよい舟でもこのお登勢
あなたに命をあずけたおんな
こころ横向く水鳥だって
胸に・・いつか帰る日きっと来る・・・
わたし わたしは 淡路恋人形

(2006年8月8日発表)
by jijirei | 2006-11-05 18:58 | 2006年の作品(25曲)

<< 作品№112 帰って来いよ燕さん      作品№110 美濃魂(ごころ) >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧