みつい 禮の演歌部屋


「しあわせの王子」観劇会(丹陽小学校にて)!!

2018年10月10日(水)up
シニアライフ 音楽

 ▼美しい宝石と金箔で身を包まれた「しあわせの王子」像、それは世間を全く知らないわがままし放題のしあわせな王子、ツバメに助けられながら、世間を知ることで、自分の過ちに気づき、貧しい人たちに自分の持ち物すべてを分け与えていきます。それぞれの年代で、笑ったり、泣いたり、鑑賞出来る切り口が凄く良いですねぇ・・。舞台のシルエットは低学年にも解りやすい(影絵)を効果的に使い、ツバメ役はバレエの優雅さを活かして観せ、王子役の美しい歌声は子ども達の心をゆさぶり。人間が持つ「わがまま」「やさしさ」「ゆうわく」「美しさ」「しあわせ」など・・何だろう・・を考えさせてくれる観劇会でした。劇団KIZNA工房の皆さん、心に響く名作を有り難うございました。

d0095910_18261297.jpg
d0095910_18261946.jpg
d0095910_18262602.jpg
d0095910_18263465.jpg
d0095910_18264193.jpg
d0095910_18264608.jpg
d0095910_18265440.jpg


by jijirei | 2018-10-10 07:00 | きまぐれ彩記

<< 懐かしの楽曲『大江川ぶる~す』      ソフトボール秋季トーナメント&... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧