みつい 禮の演歌部屋


第35回画游会展(三岸節子記念美術館にて)

2018年4月16日(月)UP
シニアライフ 音楽
 アップが遅くなりましたが、お友達の鵜飼義信さん、吉田雅晴さんが出品されている画游会展にお邪魔しました。画游会は尾張地区のなかでも大半が国公立大学に進学する、一宮でも有名な県立一宮高等学校美術部出身の皆さんの会です。本当に解る解らないは別にして、長きに渡り描き続けられて今に至っているのは、それぞれがそれぞれの思いを自由に自分の技法で描き続けられてこられたからではと・・。いいなぁ・・、この表情、この景色の中で一眠りしたらさぞかし最高に気分がいいだろうなどと、素人にも素直に絵の中に出入り出来きて心地よい。観ていて楽しくなる明るい作品が多いのは有り難い。
d0095910_13140251.jpg
d0095910_13140725.jpg
d0095910_13141399.jpg
d0095910_13142079.jpg
d0095910_13143491.jpg
d0095910_13145320.jpg
d0095910_13145973.jpg
d0095910_13150646.jpg
d0095910_13152665.jpg


by jijirei | 2018-04-16 07:00 | きまぐれ彩記

<< 『川浚え』(15日)新学期最初...      ギャラリー葵11周年記念展(一... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧