みつい 禮の演歌部屋


作品NO185 せめて駅まで

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:小林 進 まいど youtubeあき 
  江木えきひと aya ゆたか 演歌男宿 清蔵 
  yansuzuki maido


d0095910_213257100.jpgふたり理由(わけ)あり 独り者
隣りどうしの アパート暮らし
のんべが縁で 茶碗酒
明日気にせず 酔えばいい
らしいしあわせ ついてくる 
過去を断ちきり 飲めばいい 

ジロさトモさと 呼び合って
壁をたたけば 一升瓶が
さきイカ連れて やってくる
自由気ままは 恥じないが
親父危篤(きとく)にゃ くちびるを
噛んで悔(く)やんだ 親不孝
 
酔ってうたた寝 独りごと 
親がいる身と はじめて知った
俺より八つ 若いから 
帰るふる里 あるんだね
せめて駅まで 送るから
行っておいでよ ふる里へ

(2010年12月4日(土)発表)
by jijirei | 2010-12-04 21:36 | 2010年の作品(11曲)

<< 「土佐守一豊」 忠臣も陰の支え...      「昭和の男と女だね」 平成だっ... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧