みつい 禮の演歌部屋


作品NO181 昭和の男と女だね

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:演歌男宿 山田さだし 榛名津あき まいど ゆきね maido2
  yukine

やせてか細い 薬指
りっぱな指輪じゃ ないけれど
おれのまごころ いまだって
わたしの宝と いうおまえ
時代の風に ふたりでなびきd0095910_6432918.jpg
おれたち・・昭和の男と女だね

苦労つづきの 我慢(がまん)坂
人生寄り道 したけれど
目と目合わせる まわり道
あんたと一緒で よかったと
白い歯見せる しあわせえくぼ  
おれたち・・昭和の男と女だね

つかみそこねた 夢のかず
この世の地獄も 見たけれど
しあわせ咲かせる バラの花
見上げる夜空に ふたつ星
時代の風に 負けずに生きた
おれたち・・昭和の男と女だね

(2010年8月26日 (木) 発表)
by jijirei | 2010-08-26 06:43 | 2010年の作品(11曲)

<< 「昭和の男と女だね」 市川龍之...      「一筆啓上弟よ」 都会で働く弟... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧