みつい 禮の演歌部屋


カテゴリ:2004年の作品(22曲)( 21 )



作品№70 みついの里

ーわが町の歌ー 
越中太郎宅間借り:カラオケページ
作 詞:みつい 禮
作編曲:かなじま健
唄:戸高 登  英語ヴァージョン 唄:B・Ito  英語アカペラ  
  
演歌男宿 英語詞朗読  英語カラオケ フランス語 唄:B・ito 
  仏語アカペラ
 仏語朗詞読 仏語カラオケ maido 


d0095910_15561660.jpg
稲荷の山に 春風吹いて 
たんぽぽ れんげ
つくしんぼ
日本の真ん中 みついの里は
天に登って ひばりが唄う
青いお空が まぶしいよ 

恵みを運ぶ 青木の流れ
フナ コイ遊び 夏が来る
日本の真ん中 みついの里は
祭太鼓に 星たち踊り
今夜いい夢 見られそう

きびしき冬よ 伊吹のおろし
めぐる季節に 泣いたって
日本の真ん中 みついの里は
人の情けが あったか温(ぬく)い
涙さよなら またあした

(2004年11月17日発表)
by jijirei | 2006-11-17 06:44 | 2004年の作品(22曲)


作品№71 一宮の女(ひと)

2005年4月 尾西、木曽川、一宮、2市1町合併記念曲!
◎岐阜放送  05/04/21放送 「朝のエンカパラダイス・五月南風歌ごよみ」   出演放送UP
◎2005年2月5日付 中日新聞 尾張版面に掲載されました!こちら


作 詞:みつい禮
作編曲:市川龍之介
唄:演歌男宿 yansuzuki まいど 演歌パラダイス
  suko maido 小林 進 yan maido 2
  ①Todaka②yan suzuki③Suko④Ekihito⑤Sujita
  ⑥Maido⑦Karaoke⑧GaidoMero

d0095910_16404127.jpg
揺れる短冊 本町通り  
揃いの浴衣で 真清田(ますみだ)さんに 
かたく結んだ 恋だけど
どこかでボタンの かけちがい
七夕くるたび おもいだす  
逢いたい恋しい 
一宮の女(ひと) 葉子・・・

住んで離れぬ おまえの声に
今年もきました 大江のさくら
逢って解きたい 恋縛り
今でもひとりで いるだろか
ひらひらひらりと 花が舞う
愛しい恋しい
一宮の女 葉子・・・

生まれ変わって ひとつになれば
こいこい しあわせ 繊維(いと)織る町に 
尾西(びさい)、木曽川、一宮
見上げるタワーは 夜化粧 
おれにも欲しいよ 夢明かり
逢いたい恋しい 
一宮の女 葉子・・・

(2004年12月20日発表)
d0095910_16433438.jpg

by jijirei | 2006-11-04 02:27 | 2004年の作品(22曲)


作品№69 おんな街道~伊那谷編~(ニューヴァージョン)

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川 龍之介
唄:演歌男宿 まいど suko NOBORU&カラオケ演奏
  yansuzuki maido 戸高登 小林 進 maido  

d0095910_1624252.jpg
ちょいと若さで 飛ばしちゃ駄目さ
親にもらった 大事なからだ
命・・握って 走らせなけりゃ
あの娘泣かせちゃ いけないわ
諭(さと)す 諭すこの眼に
おんな 街道 あぁあぁ・・・ぁ
経ケ岳(きょうがだけ)

おんな伊達らに ハンドル握りゃ
ここは伊那谷(いなだに)箕輪の鴉(カラス)
阿呆・・阿呆と 塒(ねぐら)に帰る
母に預けた 子の不憫(ふびん)
詫(わ)びて  詫びて走らす
おんな 街道 あぁあぁ・・・ぁ
走り雨

好きで運転(ころがす)訳ではないさ
右は木曽路か まっすぐ飯田
重い・・瞼(まぶた)と あんたが憎い
おんな一匹 その遺志(こころ)
継いで 継いで生きます
おんな街道 あぁあぁ・・・ぁ
夜が明ける

(2004年11月14日発表)
by jijirei | 2006-11-03 23:11 | 2004年の作品(22曲)


作品№68 恋はまぼろし

作 詞:みつい 禮
作編曲:麻生 新 動画制作:越中太郎
唄:麻生 新
  
d0095910_1236166.jpg
 大事な恋が 逃げちゃった
 どこにいるの 恋天使
 誰か教えて いますぐ
 住んでるところ 知ってたら
 そうよねあなたは きっと
 つらい恋 経験ずみよね

 飛ぶに飛べない はぐれ鳥
 今度もあなたが とまり木
 なぜかふたり むかしから 
 恋にはおませな
 娘(こ)だったわよね 
 
 魔法で恋が 掴めたら
 来なくていいわ 恋天使
 杖が何処かに あったなら 
 あなたもきっと 探すわよ
 そうよねあなたは もっと
 つらい恋 経験ずみよね
 
 わたしに見せて 手ほどきを
 燃えて揺れて 逃げてくわ 
 恋はまぼろし かげろう
 隠さずぜんぶ 聞かせてよ  
 そうよねあなたは もっと
 つらい恋 経験ずみよね

 飛ぶに飛べない はぐれ鳥
 今度もわたしの とまり木
 なぜかふたり むかしから 
 恋にはおませな 娘(こ)だったわよね

(2004年9月27日発表)
by jijirei | 2006-11-03 22:03 | 2004年の作品(22曲)


作品№67 一筆啓上 弟よ

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:登&いさむ のぼる まいど noboru 戸高 登 yan
 maido2 ①GaidoMero②Todaka③YanSuzuki④Maido⑤Sujita­⑥Karaoke

d0095910_17225430.jpg
一筆啓上 弟よ
酒はあびるな ひとりで飲むな
ついて回るは つまづきだけど
潰れて寝るなよ 道ばたで
思いどおりにゃ ならぬがこの世
自棄(やけ)は未来(あした)を 遠くする

一筆啓上 弟よ
前に立つには 男を磨け
負けの遠吠え むなしいだけさ
立ててる青筋 鬼のよう
心しずかに おのれを見つめ
誠ひとすじ 天下どり

一筆啓上 弟よ
義理は返せよ 道理は通せ
その身削って 苦労を担(かつ)ぎ
だまされ叩かれ それも縁(えん)
親にゃ叛(そむ)くな 歌なら演歌 
拓け未来(あした)を男なら

2004年8月12日発表)
by jijirei | 2006-11-03 21:58 | 2004年の作品(22曲)


作品№66 愛

◎越中太郎musicスタジオ借間カラオケページ
作 詞:みつい禮
作編曲:のんた 
唄:演歌男宿 maido otokoyado

d0095910_2023436.jpg
真夜中に鳴った電話が
夢の邪魔をして 覚めてゆく恋
ほかにいい女(ひと)いたの 
許せない
あなただけを信じてきたのに

許すすべなく 恋づかれ
たった三月(みつき)で
あなたと別れ
ふたりの想い出抱きしめて
眠りますGood night
いつかまた めぐり逢えたなら
あなたと暮らしたい

女にはあるの わかって
独り占めしたい ドラマみたいに
いつもその手に触れて いたいのよ
わたしだけの わがまま聞いてね

眠る女の 恋づかれ
愛を求めて 一羽のカモメ
月夜に翼を映しては
飛んでますGood night
いつかまた めぐり逢えたなら
あなたと暮らしたい

※女ごころは 風の花
愛に揺れたい この身を任せ
今度は綺麗にだれよりも
咲きますね Good night
いつかまた めぐり逢えたなら
あなたと暮らしたい

(2004年6月26日発表)
by jijirei | 2006-11-03 20:53 | 2004年の作品(22曲)


作品№65 縁があっての・・

◎越中太郎musicスタジオ借間カラオケページ
作詞:みつい禮
作曲:山口 健
編曲:のんた 
唄:演歌男宿 mido otokoyado


d0095910_2025959.jpg
聳(そび)える山ありゃ 谷がある
谷が親なら 川は子か
川をあつめて 大河(たいが)の流れ
天のこころに 逆らえば
自然(じねん)の怒り 覚悟せよ
縁があっての アアァアー
大河(かわ)が往(ゆ)く・・・

寒さに震(ふる)える 鳥がいりゃ 
木々の小枝も のぼる陽も 
からだあっため 唄えばいいと   そんなやさしさ 学びたい
狭(せば)めた過去が 見え隠れ
縁があっての アアァアー
鳴声(こえ)を聴く・・・

踏まれて哭(な)く足 それも縁 
風に飛ばされ おにやんま
人の背中に 縋(すが)ってとまる
辛い別離(わかれ)も 生きる糧(かて)
この世のことは なにもかも
縁があっての アアァアー
人生さ・・・

(2004年6月21日発表)
by jijirei | 2006-11-03 19:45 | 2004年の作品(22曲)


作品№64 おとこの涙 (安丸編曲ヴァージョン)

作詞:みつい 禮
作曲:寺本あきひさ 
編曲:唄:安丸三一 英語ヴァージョン 英訳:唄:Bito

沖に捨ててきた あいつは あいつは
俺の涙さ 男のつらい涙だヨ
港桟橋 お喋りカモメ
あの娘に言うな 内緒にたのむ
心底惚れた あの娘にだけはヨ

腹にしみわたる そいつは そいつは
酒に隠した 見せぬが花の涙だヨ
時雨酒場に あらくれ騒ぐ
なかでもあんた あんたが好きと
手縫いのどてら 着てねにゃ負けたゼ

潮風がはやしてる こいつはこいつは
熱い涙だ 男のうれし涙だヨ
海で高砂 似合いの夫婦
夢見て眠る お前の膝は
暖か俺は しあわせ者だゼ

(2004年6月7日発表)
by jijirei | 2006-11-03 18:44 | 2004年の作品(22曲)


作品№63 人は、なぜ北へ・・

◎越中太郎musicスタジオ借間カラオケページ
作 詞:みつい禮
作編曲:keiji
唄:keiji maido 演歌男宿

人ははなぜに北をめざしてd0095910_10451054.jpg 
夜汽車の旅人になる
この身にまとう
くらい灯りさえも まぶしいと
北へ北へ おのれのたよりなさ運ぶ
嘘のつけぬ顔が 窓にうつるよ 

汽笛鳴るたびこころ痛むよ
背中に背負った過去が 
たとえば愛の
辛さ苦さいまも 重荷だと
北の北の氷海 いずこにぞ捨てん
手には片道だけの 切符をにぎって 

汽車をおりた夜明けの町は
風も痛い程凍れど
見知らぬおれに
笑顔連れたことば あたたかく
北の果ての大地 肩の荷をおきて
いのち透かし知るや 生きるはなやぎ

(2004年6月3日発表)
by jijirei | 2006-11-03 17:31 | 2004年の作品(22曲)


作品№62 鎌倉で暮らそうよ(英語/仏語ヴァージョン)

作 詞:みつい 禮
作編曲HIDE 英語版/訳詞 唄:B・ito 仏語/訳詞 唄:B・ito

「いいんだよね こんな俺だけど・・」

わがままばかり いう俺に
笑顔絶やさず
いつも耐えてた 寒牡丹
道草をさせたけど
花の鎌倉 由比ケ浜
俺のみちずれ おまえだけ
さざなみ追って 暮らそうよ

「花の鎌倉 由比ケ浜 ここで 一緒に暮らそうよ・・」

震えるからだ 抱きしめりゃ
肩をすくめて
雨に恥らう 花あやめ
回り道させたけど
決めているのさ 心では
愛(いと)しおまえが 道しるべ
七福拝み 暮らそうよ

「きっと 幸せになろうよな ふたりして・・・」

これから先は 離さない
からだ寄せあい
めぐる江ノ電 山桜
寄り道をさせたけど
俺の花でも いいんだね
曲がりくねった 化粧坂(けわいざか)
重ねた愛で 暮らそうよ

(2004年4月25日発表)
by jijirei | 2006-11-03 16:23 | 2004年の作品(22曲)

    

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧