みつい 禮の演歌部屋


カテゴリ:2003年の作品(25曲)( 26 )



作品№49 大工一代

◎越中太郎musicスタジオ借間カラオケページ
作 詞:みつい禮
作編曲:のんた 
唄:maido

d0095910_1649845.jpg
削る切る打つ 大工の技は
研(と)ぎが三年 鉋(かんな)の修行
いまは相棒(あいぼう) 血が通う
登りつめるにゃ 辛抱我慢
大工一代
焦りゃ逃げるよ あぁ極め技

技は盗まにゃ 匠(おやじ)は越せぬ
ちような鋸(のこ)ノミ 
よろしく頼む
磨く根性 真っ直ぐに
理屈講釈 言うより先と
大工一代
建てた柱が あぁ俺を見る

いたむ古傷 大工の証(あかし)
怪我は覚悟の 受け継ぐ道だ    
腕をみこんで 頼むぞの 
ことばうれしい 職人冥利  
大工一代
相棒(やつ)に感謝の あぁひとり立ち

(2003年12月27日発表)
by jijirei | 2006-11-03 03:12 | 2003年の作品(25曲)


作品№48 人情屋台

プラムレコード「想定歌手コンテスト」特選受賞曲
◎越中太郎musicスタジオ借間ページ

作 詞:みつい 禮
作編曲:麻生 新
  唄:千葉五郎 まいど 演歌男宿

d0095910_16322721.jpg
狭くてごめんよ 
辛抱してな
肩の触れあう よもやまばなし
できる屋台が 自慢でね
冷めぬ人情 味のうち 
ささ置いていきなよ 
つもる憂さ

この出汁(だし)真鰯(まいわし)
親父が水揚(あ)げた
俺のふるさと 隠し味
何か悩みが あるのなら
あとで相談(はな)しな 女房に 
ささ先に食べなよ 
お姉さん

夫婦(ふたり)できずいた 
ふるさと暖簾 
その名「北海」ラーメン屋台
胃袋(はら)にしみると お客さん
きょうもようこそ 雪んなか
あゝ毎度ごひいき 
ありがとう

(2003年12月15日発表)
by jijirei | 2006-11-03 02:08 | 2003年の作品(25曲)


作品№47-2 おれはナベだよ渡辺だ!(村雨バージョン)

◎越中太郎musicスタジオ借間カラオケページ
作 詞 :みつい 禮
作編曲:村雨 希望 唄:村雨希望 mado

d0095910_635821.jpg
久しぶりだね 中村くん~
じゃなくって 誰だっけ?
中山くん だったっけ?
学校出てから 二十年
会っていないね お互いに
おれ おれだよ ナベだよ 渡辺だ!
いまは東京 八王子
妻と子どもと 細々生きてるよ

久しぶりだね 足長くん~
じゃなくって 本名は?
川口くん だったっけ?
いつもあだ名で 呼びあって
長い足見て 思いだす 
おれ おれだよ ナベだよ 渡辺だ!
むかしそのまま 色男 
夜の帝王 もてもて人生か   

久しぶりだね ベッピンさん~
じゃななくって 旧姓は?
高橋さん だったっけ?
ずっと秘めてた 恋ごころ
町のアイドル お嬢さん
おれ おれだよ ナベだよ 渡辺だ!
海の向うに 嫁(い)ったとか
どこのお国で ご亭主どんな人 

(2003年12月7日発表)
by jijirei | 2006-11-03 01:01 | 2003年の作品(25曲)


作品№47-1 おれはナベだよ渡辺だ!(のんたヴァージョン)

作 詞:みつい 禮
作編曲:のんた 唄:中川芳郎

お~い中村くん~d0095910_15172347.jpg
じゃなくって 誰だっけ?
中山くん だったっけ?
学校出てから 二十年
久しぶりだね お互いに
おれ おれだよ ナベだよ 渡辺だ!
いまは東京 八王子
妻と子どもと 細々生きてるよ

お~い足長くん~
じゃなくって 本名は?
川口くん だったっけ?
いつもあだ名で 呼びあって
長い足見て 思いだす 
おれ おれだよ ナベだよ 渡辺だ!
むかしそのまま 色男 
夜の帝王 もてもて人生か   

お~いベッピンさん~
じゃななくって 旧姓は?
高橋さん だったっけ?
ずっと秘めてた 恋ごころ
町のアイドル お嬢さん
おれ おれだよ ナベだよ 渡辺だ!
海の向うに 嫁(い)ったとか
どこのお国で ご亭主どんな人

(2003年12月6日発表)
by jijirei | 2006-11-02 23:56 | 2003年の作品(25曲)


作品№46 津和野旅情(村雨ヴァージョン)

◎越中太郎musicスタジオ借間カラオケページ
作 詞:みつい禮
作編曲:村雨希望 

  唄:演歌男宿 otokoyado まいど

d0095910_911418.jpg
恋につまずく 女の旅は 
涙みちづれ 乗った汽車
軋むレールの その先に
石州瓦の 赤い屋根
ほんとは二人で 尋ねたかった
着いた終着 津和野駅

ふたつ並んだ 掘割鯉が
跳ねて白壁 濡らすたび
秋風(かぜ)がこの身に まといつき
未練がなおさら つのるだけ
入ったお店の ひょっとこお面
こころ癒して くれますか

まぶし水面よ 津和野の川に
過去を捨てます 流したら
明日を信じて いいですか 
待ったら幸せ くるかしら 
当て無く書き足す 湯上りつづり 
月夜ほろ酔い 城下宿

(2003年11月30日発表)
by jijirei | 2006-11-02 22:52 | 2003年の作品(25曲)


作品№45 片恋岬

作詞:みつい 禮
作編曲:唄:youtube京太郎 
d0095910_17123366.jpg
汽笛鳴らして 入船出船
時間通りに 着いたとて
あなた乗せない 船など帰れ
未練星屑 浴びて飲む
おんな自棄酒 今夜も苦い
飲んで 飲んで 飲んで紛らす
片恋岬

あの夜ひたすら あなたの胸に
甘えすがった 甘え癖
いまは泣き虫 はろほろ鴎
弱い女を なおいじめ
涙ちぎって 潮風荒れる
待って 待って 待って凍える
片恋岬

海は沖まで 朝霧晴れて
焦がれ弾ける 恋ごころ
日暮れ夕波 波間を追えば
浮かぶ面影 この想い
港桟橋 鴎に伝え
夢で 夢で 夢で抱かれる
片恋岬

(2003年10月15日発表)
by jijirei | 2006-11-02 21:43 | 2003年の作品(25曲)


作品№44 かかあ殿下さま

◎越中太郎musicスタジオ借間カラオケページ
作 詞:みつい 禮
作編曲:のんた 
唄:演歌男宿 まいど otokoyado

d0095910_104518.jpg
「全国のかかあ殿下のみなさん
誰が かかあ殿下にしたのよ・・と
言いたくは ありませんか?
みんな好きでなった訳では 
  ありませんから・・」

亭主関白 裏がえし
かかあ殿下と 言われても
それがどうした なんなのさ
音がだせなきゃ 太鼓じゃないよ
ちょいと父ちゃん 笑顔で支え
夜空にむけて 振りかざす
おんな細腕 撥(ばち)さばき・・・

かかあ殿下に 様(さま)つけて
家(うち)のかみさん 出番だと
亭主横目で 見てござる
あたしのあとは あんたが櫓(やぐら)
魅(み)せて聞かせていつもの名調子(ちょうし)
夫婦(ふたり)の息が 合うように
腕も確かな 乱れ打ち・・・

「まあ いまは世間さまも
認めていることですし・・・
お互いに心やさしい
かかあ殿下に なりましょうヨ」

嫁が息子が 孫たちも
太鼓(おと)に合わせて 踊りだす
みんな輪のなか 勢ぞろい
あんた あんたは わが家の柱
かかあ殿下に 磨きをかけて
これから先も うしろから
ついてゆきます どこまでも・・・

(2003年10月11日発表)
by jijirei | 2006-11-02 20:40 | 2003年の作品(25曲)


作品№43 帰ってきた女

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川 龍之介  
唄:筋田洋明 maido2 
  ①yan suzuki②カラオケ③Sujita


d0095910_195840.jpg
「ごめんなさいね・
帰ってきちゃった・・」
と 言う女(ひと)に
背中丸めて  すねてる奴よ
堪えきれない  男の意地か
待ってたしあわせ  とおせんぼ
くちびる震わせ  酒を呑む

「みやげなんかは
なんにもないわよ・・・」
と 独り言
俺に黙って  出てったくせに
空白(あけた)暦は  
どうすりゃ埋まる
男と女の  かくれんぼ
悔しさ噛みしめ  酒に泣く

「お酒お願い
わたしに注いでよ・・・」
と 甘えても
なんで捨てたか  おまえの夢を
声を殺して  つぶやく男
帰ってきたねと  心では
愛(いと)しさ隠して  酒に酔う

(2003年9月30日発表)
by jijirei | 2006-11-02 19:37 | 2003年の作品(25曲)


作品№42 街道鴉~トラック野郎~ 

作詞:みつい 禮
作編曲:杜模 燦 唄:安丸三一

なにがあっても ご無事でと
胸に吊るした お守り袋
走る街道 菜の花ざかり
脇見うかつだ あの娘の声に
 助けられたよ この俺は
ちょいと油断は ちょいと油断は 命取り

峠しぐれの七(なな)まがり
箱根下れば 旅空晴れて
出るは鼻歌 泊まりは三島 
在(ざい)の看板 旅籠(はたご)の娘(むすめ)
俺を待ってる 古里(くに)の娘(こ)に
どこか似ている どこか似ている その笑窪  

旅の土産を あれこれと  
寄った清水で 見つけた新茶
舌にころがし 眠気を覚ましゃ
想い出させる  あの娘の味を
なんだかんだと 駆け鴉
旅はおまえと 旅はおまえと ふたりづれ

(2003年9月20日発表)
by jijirei | 2006-11-02 18:28 | 2003年の作品(25曲)


作品№41 音信川(おとずれがわ)夜曲

◎越中太郎musicスタジオ借間カラオケページ
 詞:みつい 禮
作編曲:のんた 
唄:演歌男宿 tubeotokoyado

d0095910_219362.jpg
音信川に 託して祈る
願いはひとすじ 恋ごころ
泪で綴った 恋文流し
せつない昔の 物語
あ・・想いが胸に 届かぬままに
送った手紙は 片だより

聴けばさだめが わたしとおなじ
悲しい片恋 いつの世も
音信川は 語らず流れ
岸辺に浮き草 咲くなかに
あ・・咲けない花の こころが寒い
枕を濡らして 泣いた夜

ゆれるぼんぼり 面影追えば
水面(みなも)に蛍火 乱れ舞う
あの人連れて この手にとまれ
夢でもいいの 今夜こそ
あ・・橙(だいだい)ひとつ 湯船に浮かべ
おんなさまよう 夜明け前

(2003年9月16日発表)
by jijirei | 2006-11-02 17:24 | 2003年の作品(25曲)

    

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧