「ほっ」と。キャンペーン

みつい 禮の演歌部屋


カテゴリ:2011年の作品(19曲)( 19 )



 作品NO204  らーめん屋台

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:yansuzuki ゆきね まいど 都筑信一
  演歌男宿 山田さだし aya 小林 進  maido
  suko aki 田沢賢次



d0095910_1545211.jpg(せりふ)今夜も冷えますねぇ・・

背中向け合う おふたりさんよ
俺たちだって 若い頃
色々あったさ お互いに
のれん「めおと」のらーめん食って 
こころ温(ぬく)めて 帰っておくれ

(せりふ)しばらくぶりですねぇ・・
  
大工家業の 親父をついで 
がんばるうわさ 知ってたよ
一姫二太郎 でかしたな
たまにゃ「めおと」で 
そろい雛(びな)  
和むおのろけ きかせておくれ

(せりふ)ごひいきまいどおおきに・・

なさけ自慢の 秘伝の味に
恰好つけず お泣きなよ 
涙はいいから おいてきな  
のれん「めおと」のらーめん屋台
まいどおおきに おやすみなさい

(2011年12月24日(土)発表)
by jijirei | 2011-12-24 15:42 | 2011年の作品(19曲)


 作品NO203 股旅講釈師

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:演歌男宿 まいど 山田さだし 小林 進   
  aya aki suko maido ゆきね
  


d0095910_783815.jpg
うぶなあの娘(こ)の すがる手を
格好つけて 振り切って
都にゆけば なんとかなると
軽い気持ちの 講釈野郎
はずむ鼻歌 わかれ道 
行くか帰るか 村はずれ

調子いいのは 生まれつき
大見栄きって でたからにゃ 
勢いつけて 行かなきゃならぬ
口が達者で 憎めぬ野郎
飯にゃこまらぬ 徳を持ち 
語る講釈 人だかり

おれもまんざら 駄目じゃない
まともに芸を 磨いたら 
瓢箪からは 駒もでる
夢は一流 講釈野郎
旅の人情 織り込んで
都舞台で 日本一

(2011年12月4日(日)発表)
by jijirei | 2011-12-04 07:10 | 2011年の作品(19曲)


作品NO202 にぎりめし

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:まいど 山田さだし 小林 進 aki aya
  演歌男宿 suko maido2


d0095910_842529.jpg
お袋が五度目の家出と
聞いたのは
運動会の朝だった
やけにひんやりつゆ草が
おれより先に泣いていた
兄貴が握った にぎりめし
カバンに学校 行ったっけ

だらしない女(ひと)だと
十五歳(じゅうご)の
おれだって
うすうすわかる乱れぶり
※それが引き金グレたっけ
 くやしさバネに徒競走
 なにくそ走った 一等賞
 涙がでそうで 空を見た

※お昼休みに ひとり食う
 亡父(おやじ)にそっくり にぎりめし
 まともに生きなきゃ 生きなきゃね
 たしかに言ったよ 耳元で・・

まともに生きなきゃ 生きなきゃね
 たしかに言ったよ 聞こえたよ・・

(2011年11月13日(日)発表)
by jijirei | 2011-11-13 07:22 | 2011年の作品(19曲)


作品NO201 十人十色

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:演歌男宿 山田さだし まいど 小林 進
  えきひと aki MAIDO aya 

d0095910_2048562.jpg
港町・・・
汽笛かなしい わかれ町
しぼりたりなきゃ なおしぼり
化粧くずれて なりません
涙いろいろ 十人十色
命しぼって 泣いたから
でてゆく船を かえしてよ

夏祭り・・・
北のなまりの かたりぐち
夜店、綿菓子 売る人に
どこか似ている 横顔が 
愛はいろいろ 十人十色
いつも片恋 いいじゃない
とどかぬ夢も 捨てちゃだめ

峠坂・・・
迷う人生 みぎひだり
つかむ幸せ まぼろしか
耐えて咲くほど 美しい
女いろいろ 十人十色
男次第で 雪椿  
振りむく風に 艶もでて

(2011年10月27日(木)発表)

by jijirei | 2011-10-27 20:48 | 2011年の作品(19曲)


作品NO200 名古屋の夜

みつい 禮 作詞200曲記念作品

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:演歌男宿 ゆきね suko まいど 小林進 山田さだし 
  えきひと aya aki otokoyado maido

d0095910_885156.jpg
逢えば納屋橋 一つの傘に
雨がやむまで 踊りましょうか 
いつものクラブ 栄町
離れられない ふたりなら
今夜は帰さない 帰れない
名古屋の夜

酔って甘える 女子大小路  
テレビ塔まで 歩きましょうか
貴方にあとは おまかせよ
頬を染めあう ふたりなら
今夜は寝かさない 眠れない 
名古屋の夜

つよく抱かれりゃ こころも溶けて
つぎの約束 別れがつらい
またねと久屋 ラブソング
忘れられない ふたりなら
今夜は夢んなか 花んなか 
名古屋の夜

(2011年10月10日(月)発表)
by jijirei | 2011-10-10 08:12 | 2011年の作品(19曲)


作品NO199 雨宿り  

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:suko 榛名津あき aki aya
  山田さだし えきひと ゆきね 小林 進 maido 2


d0095910_52548.jpg
こころ奪って 小鳥のように
あなたの胸に つかまって
やっと見つけた 幸せも
退屈だったわ わたしには
悪い女の 悪い女の 
ああ 雨宿り

これで昔に さよならできる
すがった夢も 
二月(ふたつき)で
ネオン暮らしが恋しいと
わたしの弱さが 顔を出す
悪い女の 悪い女の 
ああ 雨宿り


何も言わずに 背中をむけて
ごめんなさいね 許してね
過去を聞かない 優しさが
重荷になったわ わたしには
悪い女の 悪い女の ああ 雨宿り

(2011年9月29日(木)発表)
by jijirei | 2011-09-29 05:26 | 2011年の作品(19曲)


作品NO198  南淡路の女

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:nobu 演歌男宿 榛名津あき まいど aki えきひと aya
  山田さだし 小林 進 清蔵 カラオケ yansuzuki
  suko メロカラ maido 渡邊宣之 ギター演奏yansuzuki


d0095910_5291679.jpg
他人の庭に 
実をつける
幸せ欲しがる 
女より
ふたり育てる 
名無し花
華などなくても 
いいじゃない
咲かせほほえむ 
南淡路の女




都美人の 「梅の恋」
人形浄瑠璃 花さじき
お国自慢さ びわの実も
誓う一生 ふたりづれ
ぼくの一輪 南淡路の女

去りゆく夏を 惜しむよに
ふたりの背中に 蝉しぐれ
鳴門海峡 渦のなか
あなたとならば 飛込(とべ)ますと
君は一途な 南淡路の女

(2011年9月8日(木)発表)
by jijirei | 2011-09-08 05:32 | 2011年の作品(19曲)


作品NO197  大江川ぶるーす

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:suko えきひと ゆきね akiyoutube
  演歌男宿 まいど 山田さだし aya 小林 進 maido2



d0095910_6292545.jpg
年に一度の 七夕まつり
希望(ゆめ)を 橋から捨てないで 
あぁ・・よかったな 
背中に「好き」と 書いた夜は
恋が生まれる 一宮 
大江川ぶるーす

ひとり歩けば 川面に跳ねる 
鯉のこころはわたしです
あぁ・・つらい日も
河畔の桜 七分咲き
紡ぎましょうね 愛の糸
大江川ぶるーす

やっとみつけた みつかりました
永遠(とわ)という名のしあわせが
あぁ・・離さない
しぐれる夕べ 頬寄せる 
愛のさざなみ 夫婦鴨 
大江川ぶるーす

(2011年8月21日(日)発表)
by jijirei | 2011-08-21 06:30 | 2011年の作品(19曲)


作品NO196  ひとめ惚れ酒

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:山田さだし まいど えきひと aya&yan aki
  演歌男宿 ゆきね 小林 進 maido


d0095910_16322163.jpg
歳の差十九で
ひとめ惚れした 男(ひと)がいる
桜(はな)と地酒が とりもった
奇跡の 縁がはじまりで
あなた好きです 大好きだから
朝まで飲みましょ ふたりして 
 
おまえとだったら
やっていけるよ この先も
俺でいいのか いいんだね
相性 こそが一番や
俺も好きだよ 大好きだから
酔おうよ奇跡に 感謝して
 
二度目同士の
ひとめ惚れ酒 末永く
契りましょうね いつまでも
かなしい 過去は捨てました
相思相愛 打上げ花火
ふたりの明日に 乾杯だ

(2011年7月31日(日)発表)
by jijirei | 2011-07-31 16:34 | 2011年の作品(19曲)


作品NO195 さよならのタンゴ

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:演歌男宿 suko えきひと ゆきね 
  山田さだし aki まいど aya 小林 進 maido


d0095910_5564512.jpg
君はこの頃 ひとりぼっちじゃ
眠れないんだよなんて
つぶやいてたね 
長い黒髪短く切って 
出てゆくんだと 
霧が流れる この町を
グッバイグッバイ さよならのタンゴ 

夢のはかなさ 無情の汽笛
愛はかげろうみたいと
おちこんでたね
港アパートかもめの部屋に
月がいる夜
鞄におもいで 詰めこんで
グッバイグッバイ さよならのタンゴ

海を渡って 旅立つんだね
涙こぼれそうなんて
うつむいたまま
顔をあげずにうれしいことば
ありがとと言った
妹みたいな かわいい子
グッバイグッバイ さよならのタンゴ

(2011年7月25日(月)発表)
by jijirei | 2011-07-25 05:59 | 2011年の作品(19曲)

    

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧