みつい 禮の演歌部屋


カテゴリ:きまぐれ彩記( 454 )



想い出の「掌中の珠」その①

ネット作詞を始めて丸六年が経過しようとしている、
d0095910_16194330.jpgたった六年されど六年、当時を思い出しながら
掌中の珠を振り返るのも悪くはないと・・・。


なんと言っても最初に上げなければならない作品は、
ネット作詞デビュー作品№1 「酒場情け宿」です。
インターネットを始め、なにげなく投稿した作品に曲と
歌声が付き、思いっきり舞い上がりましたネェ、あの感動は
今も忘れることは出来ません。(2001年5月8日発表)
(作詞:みつい 禮 作編曲:安丸三一)

お唄い下さった皆さん、歌詞カードはこちら
by jijirei | 2007-02-28 16:20 | きまぐれ雑記


ゲストティーチャー講演風景!

2月7日(水)丹陽中学校で行われた
d0095910_1524578.jpg一年生を対象にした講演風景が一年生のページ、<こんな活動をしています!>「ゲストティーチャーに学ぶ会」にアップされました。講師7名の皆さんも私同様丹陽にお住まいの方々ばかりで、各教室に分かれて講演、どの講師も丹陽のよさを子供達に熱く語り、この地域がもっと明るく元気な住みよい町になるよう一緒に頑張りましょうと・・・言われたことであろう。

講演風景がアップされているページはこちら
by jijirei | 2007-02-09 15:37 | きまぐれ雑記


ゲストティーチャーに招かれ

2月7日母校で話す

わが母校の一宮市立丹陽中学校から「職業やその内容、働くことの意義などについて、30分程度のお話をお願いしたい」と講師依頼を受け、長年子供会のドッチボールのコーチ、監督、審判をやってきたこと、また丹陽公民館活動の地域教育部部長でもあり、お引き受けをすることにした。
 気安く引き受けたものの、現役をすでに退いた私が、中学校一年生の生徒さんに向って何を話したらよいものやらと・・・、まあ自分の歩いてきた道を思い出しながら語ればと、母の影響で小さいいころから書くことが好きで、高校生のとき演劇部と文芸部に入り、小川双々子という俳人に出会い、若くして大人の仲間入りをしたことが今思えば私にとっキーワードであったと・・・。
 またドッチボールから学んだこととして、準備運動はしっかりと、大きな声で元気よく、ボールは一つだ集中しなさい、正しい受け方投げ方、ルールを守りチームプレー、上手な子はもっと上手に、苦手な子は方法が分かれば好きになれる、汗をかく喜びを、仲間に教えられるようになれ、これは人と共に働くことに繋がっている重要な事柄ですので、覚えておいて下さいと話す。
d0095910_139270.jpg

 好きなことは時間を忘れ夢中になれる、自分が打ち込める趣味を持とう、趣味は興味のないことまで引き連れてきてくれる、働くことは生きること、生きることは「私」を持つこと、私を持つことの中に趣味のあるなしは大きな違いを生む、健康な身体には健全な精神が宿ると言います、どうか皆さん勉強の他にこれがしたいというものを見つけて下さい、出会って下さいとしめる。
 それにしてもほとんどの生徒さんが、目と耳をこちらに向けてくれていました、この子たちはこれならば大丈夫、もっとよそ見などしている子が・・・などという私の思いは吹き飛びました。式次第の中で生徒による校長室へのゲストお迎えそしてお送り、感謝の言葉、花束贈呈など、役目を任された生徒さんも今後この役目をどのように生かせるか、もうすでにその人たちの中ではきっと役目の意義を理解、何かが生れていると信じたいです。
 教育は学校に任せるという分業的な考え方からは決して人は育ちませんよね、地域を学校をよくするには、こうした学校と地域住民との接点があって、子供達もこの地域をよりよく知ることになり この地域で生きているんだという意識も実感も芽生えるのでは、今回ゲストティーチャーをやらせてもらい 以前にも増して子供達への元気な声かけを一住民としてしてゆきたいと、決意を新たにしているところです。
by jijirei | 2007-02-08 13:11 | きまぐれ雑記


如月ですネェ・・・

 早いもので今日より如月、♪お母さん 付曲お願いメールに<益々絶好調の
付曲ぶりに刺激を受け、みついも頑張らねばの心境で詞魂を揺さぶっています、
演歌エージャン倶楽部は次から次と発表される市川演歌のリードで、誰彼となく
頑張なくてはならない形になっているので 他ではみることの出来ない面白さと
連帯感と 喜びがありますネ、まぁ市川先生にとっては大変なことですが・・・。
絶好調の時に一曲でも多くと・・・作品の依頼に参りました、よろしくお願い
致します。>と記す。
 いつもなら <まいど!一般貨物運送事業の傍ら何とか頑張ります>と承諾の
短いコメント、しかし今回は<まいど!みついさんも頑張りますねぇ・・・
私が好きな「名人横綱、栃錦」「上州路」など これでもか!と人に聞かせる演歌が
好きですが、演歌詞と言う事ばかり考えてはいけませんよね。何時も同じパターンで
ないのが勉強の成果でしょう、作曲、編曲も同じです、これは好き嫌いとは別の問題
ですから・・・>と、私にとって がむしゃらにぶっかっていける大きな胸があるのは
実に嬉しい限り。
 <早速の承諾、そして珍しく長文での付曲承諾ありがとうございます、いつもわが
マンネリ化脱却の挑戦にお付き合いいただき 素晴らしい付曲感謝あるのみです、
今後も これでもか!という聞かせる作品、挑戦の作品、童謡など多彩に付曲お願いに
上がりますのでよろしく願います。>と付曲快諾のお礼をだす。

d0095910_123597.jpg




左より戸高 登氏、戸高氏夫人、筋田洋明氏、弦 哲也氏、
みつい 禮 市川龍之介氏、
中川芳郎氏、前田俊明氏

by jijirei | 2007-02-01 11:57 | きまぐれ雑記


「富士見ごころ」発表までの経緯!

 昨日新作発表しました「富士見ごころ」は 以前埼玉の演歌師こと小林 進さんのd0095910_9105133.jpgホームページに お住まいの富士見を題材にしたご当地ソングを書いてみたいですネ、との書き込みが発端でやっと出来った作品です、メールで<地名の読み方の違い、ここはおかしいのではというところがあればご指摘いただけたらありがたいです、お手数ですがよろしくお願い致します。>と小林さんにお伺いをしたところ<作品を拝見し、よくぞここまで当地を調べて頂きました事に先ず感謝致します。実は当方、当地へは15歳の時に新潟県から移り住んで参り現在に至っておりますが、当市も東京のベットタウンとして発展して参りました。此方に参りました当時は、最寄の私鉄(東武東上線)鶴瀬駅のホ-ムからは富士山の全景が拝めました。しかし現在はステ-ションマンションが出来ており、駅のホ-ムからの富士山は望めまん・・・。しかし富士見市とさいたま市の境を流れる坂東次郎・荒川に掛かる羽根倉橋からは、秩父連邦と富士山の全景が拝め正に絶景です。山と川の絶景を拝める当地には感謝しております。さて、みつい さんから「地名の読み方の違い、ここはおかしいのではというところがあれば」との事ですが全くありません。因みに「雲居の滝」は家から自転車で5分位で、当地の産土神社・氷川神社の境内にありまして、無尽蔵の湧き水が現在も出ており、涌水源には「弁天の社」が祭られております。附曲為されれば歌わせて頂きます、ありがとうござせいました。>と返事を頂き、早速作曲家・市川龍之介さんに付曲お願いを致しましたところ 快く引き受けて下さいました。
 富士見市が東京のベットタウンとしてのさらなる発展もさることながら、お住まいの人たちにとってまだ心の癒しとなる美しい自然がある富士見市の再発見と再認識にこの作品が明るい地域づくり心づくりにお役に立てば嬉しいですネ。
by jijirei | 2007-01-25 09:10 | きまぐれ雑記


丸坊主に・・・近況写真で~す!

d0095910_22201633.jpg なぜ部屋で帽子を被ってコンピューターに向っているのかって声が聞こえてきそうですネ、ハイお答えいたします帽子の中は丸坊主なんです、しかし部屋の中で被らなくともと・・・ハイ仰るとおりです、しかし意志が弱くってなかなか煙草が止められないのですヨ、今のところやめるつもりもありませんがネ・・・そんな訳で真冬といえども部屋の窓は開けっ放しにして、帽子を被って重装備でコンピューターに向っています。正直なところ手袋もはめたいところなんですが、キーボードが打ちづらいので止めました。
 丸坊主といえば高校生までですから、40何年ぶりかのさっぱり頭、何かこころに秘めたもの、d0095910_22301558.jpg決意があるのですかと聞かれ 実は何もないので返答に困っています。元旦に町内の神社へ初詣に出かけ、柏手を打ったとき突風で髪の毛が目に入った、ふとあまりない髪の毛だがそれにしても長髪は鬱陶しいものだと祈りながら思う。初詣を終え市会議員、県会議員、市長さん宅への年始帰りに立ち寄った喫茶店で 友人の坊さんに会う、坊主もいいもんだなぁと、自分に似合うか似合わないかなど考えもせず女房に電気バリカンを当ててもらう、予定は五分刈りで刈り始めたのですが上手ゆかず虎刈り、結局丸坊主に・・・20日ほど経って予定の5分刈り程度に髪が伸びたのだろうか、食事、入浴、そして寝るとき意外は帽子を頭から取ることの出来ない最近の私です。
by jijirei | 2007-01-22 22:22 | きまぐれ雑記


「ローランド力作コンテスト」 賞の行方は・・・なんだろう?

 d0095910_14574712.jpgーランド力作コンテスト(パソコンで曲づくりを競う、「力作」№1決定戦!)の
19作品の中にオリジナル曲「東京に雪よ降れ」
(作詞:みつい禮 作編曲:市川龍之介 唄:中川芳郎)がノミネートされ、インターネット一般人気投票は1月15日(日)に締め切られました、皆さん沢山の清き一票、誠にありがとうございました。
 て昨夜の市川さんの電話によると2007年2月10日(土)に「ローランド特別イベント」(都内)受賞発表会に出席可能かとの連絡がきたそうです、若者の中に混じっての市川さんの受賞同年代として本当に嬉しいです、おめでとうございました。
賞には●栄光のグランプリー●一般投票特別賞●cakewaik賞 その他各賞があるようでが詳細は受賞会場で発表されるようです。また作品を聴いて投票していただいた皆さんにも抽選で楽しいプレゼントが用意されていますので、お楽しみに・・・。それにしても2月10日が待ち遠しい。
by jijirei | 2007-01-20 14:57 | きまぐれ雑記


あれから12年 阪神大震災!そして「別離(わかれ)」

d0095910_1619596.jpg<6434人が犠牲になった阪神大震災から12年となる17日、兵庫県内の各地では、さまざまな追悼行事が営まれ、がれきの中から復興を遂げた街は鎮魂の祈りに包まれた。住民たちは「かけがえのない命を大切に」という思いを胸に、体験を語り継ぐ決意を新たにした。>と新聞は伝える、10年一昔というから12年といえば大震災の年も亥年ということで、干支が一回りした勘定になり時の流れは早いものだとつくづく思う。
 その日までいやその大地震が来る直前まで普通の暮らしを営んでいた人々に襲い
かかってくる地震、自然の猛威は被災地の映像からも窺い知ることが出来るが、
その恐怖は私には想像もつかない、倒壊家屋の中にまだ家族が・・・非力なおのれを
怨んだ人も・・・俺のことはいいから早く逃げろ・・・と家族に言い残して息絶えた
人もあると聞く、また家族を助けるため火の海に呑まれた人も・・・まさに地獄。
 ここのところ日本列島は地震情報がやたら飛び込んでくる、阪神大震災は他人事では
あるまいと日頃から避難場所の確認、こころ構えだけはしっかり持っていたほうが
おおきなパニックに落ちいらないで、多少の判断能力は出来るのではないかと・・・
 不幸な出来事ではあるがこの大地震を機にボランティア増えたという、衣類、食糧などの
救援物資もありがたいが、ボランティアの汗と肉声は何にも優る生への後押しだ・・・と
被害者は声を揃えて言う、そのとおりだと思う。私もボランティアを通し、私が出来ることで
地域とかかわりそのよき住民でありたいといつも考えている一人である。
 体験談を読むと心が痛む、昨日発表した「別離(わかれ)」は 阪神大震災の心象風景が私を揺り動かして書かせた作品です。
by jijirei | 2007-01-18 16:27 | きまぐれ雑記


左儀長(どんど焼き)

 わが町内の左儀長(どんど焼き)も以前は成人式の翌日と決まっていましたが、
会社勤めの人が多くなり平日に行へば取り仕切る人も大変 また参加者も少ないと
いうことなどから、10年ほど前から1月の第二日曜日になり学校もお休みで
参加者も多く賑やかに今年も行われました。
 昨年暮れに取り替えた神宮の門松 氏神さまのお札やら、各家庭で正月に玄関に
飾っていた注連飾りを持ち寄り、まだ町内には竹薮を持っておられるとこもあり 青竹を
もらい塔に組んで昨年収穫した豆の枝、藁なども一緒に燃やす、豆の枝は今年一年
マメに暮らせるように、また藁はわらって一年が暮らせるようにとの願いが込められて
いるそうだ、それにしても昔の人は生活の中から自然といつも一体感を持つような
お洒落な そして生きた言葉を考えたものだと感心する。
 陰陽道(おんようどう)で、その年の干支(えと)に基づいて めでたいと定められた方角、
その年の歳徳神(としとくじん)のいる方角を恵方いい今年は北北西より点火。パチパチと
威勢良く笹が燃える、青竹がドカンと大きな音を出す、実に景気のいい音だ、辺りの霜柱が
いつしか消えている、人の輪が自然と大きくなる、火の粉には充分注意していないと
いけない 最近の衣類は化繊が多いので穴をあけてしまう危険性があるからだ。
天を焦がさんばかりの炎が一段落するとその灰でお餅を焼いて家内安全を祈る、
お餅は「ひし形」が正式のようですが最近は「丸餅や四角の餅」も自由になったようだ、
一年間の無病息災、家内安全を願いつつ 銀紙に包んだ鏡餅を焼いて来ました。
by jijirei | 2007-01-14 12:18 | きまぐれ雑記


ローランド力作コンテスト ノミネート作品「東京に雪よ降れ」!

インターネット人気投票期限が迫っています1月15日(日)24:00まで!!

力作コンテストでは、お客様に選んでいただいた「力作」に栄えある賞をご用意!
当ページにアップされている「一般投票ノミネート作品」をお聴きいただいて、
一押しの力作にご投票ください。ノミネート作品は、以下のオリジナル曲19作品。
「東京に雪よ降れ」(作詞:みつい 禮 作編曲:市川龍之介 唄:中川芳郎)に
清き一票を・・・
◎一般投票はこちら
よろしくお願い致します。
d0095910_14181283.jpg

これまでにお歌い下さった皆さん、作品の歌詞はこちら
by jijirei | 2007-01-10 14:18 | きまぐれ雑記

    

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧