みつい 禮の演歌部屋


カテゴリ:きまぐれ彩記( 511 )



恩師からの年賀状

◎2014年1月2日(木) UP
シニアライフ 音楽

 小学校時代の恩師から毎年年賀状をいただいています、丁度10歳先輩だから今年81歳なんですけれど、兎に角若い 同窓会などで旅行に行くと旅館の仲居さんなどに 悔しいけれど私の方が年上に見られています。あいかわらず歌唱力の方は衰えず今なお健在のようでうれしい。カラオケ店まで出掛ける気力と 歌う情熱がふつふつと湧き出るのは立派というほかないですねぇ・・。
d0095910_1731126.jpg

by jijirei | 2014-01-02 07:00 | きまぐれ雑記


2014年 みつい 禮の演歌部屋

◎2014年1月1日(水) UP
シニアライフ 音楽
今年も応援のほどよろしく願います
d0095910_1315114.jpg

by jijirei | 2014-01-01 07:00 | きまぐれ雑記


2013年ももうすぐ年の瀬・正月準備 お庭剪定・・!

2013年12月23日(月) UP 祝日 天皇誕生日
シニアライフ 音楽
 年に一度庭師さんに庭の剪定を
してもらっています。今年も夏に枝を伸ばした木々が
ハサミを入れてもらいさっぱり奇麗になりました。
気分もすっきり新しい新年が迎えることが出来そうです。


d0095910_1628252.jpg

by jijirei | 2013-12-23 07:04 | きまぐれ雑記


月刊 ファミリーに記事掲載 丹陽町連区ウオーク大会

2013年12月20日(金) UP
シニアライフ 音楽
d0095910_12391359.jpg

by jijirei | 2013-12-20 07:00 | きまぐれ雑記


もうすぐクリスマス 色々あって今年も終わるんですね・・!

2013年12月11日(水) UP
シニアライフ 音楽
女房手づくりのクリスマス飾りが玄関で迎えてくれています。
みなさんはどのようなクリスマスをお過ごしになるんでしょうか!!

d0095910_1681212.jpg

by jijirei | 2013-12-11 07:00 | きまぐれ雑記


丹陽小学校 学校便り「丹陽の風と音」&「校舎壁画のお話」

2013年12月5日(木) UP
シニアライフ 音楽
  今年創立140年・移設30年を祝う年に 学校便りのタイトル『丹陽の風と音』の由来と、校舎壁画をデザインされたのは画家の加藤大博さんであること、そしてその想いも判明しました。丹小の子供達よ 継承されてきた伝統にさらに良い行いを積み上げていって下さい・・・。
d0095910_12593511.jpg

d0095910_130616.jpg

記事は『丹陽の風と音』からお借りしました。
by jijirei | 2013-12-05 07:02 | きまぐれ雑記


池間哲郎さん『懸命に生きる人々〜日本人こそ学んで欲しい〜』講演会(丹陽中学校にて)

2013年11月29日(金) UP
シニアライフ 音楽
d0095910_753967.jpg
平成25年11月27日(水曜日)丹陽中学校屋内運動場で丹陽生涯教育振興会主催の講演会が行われました。丹陽中生800名と共に一般社会法人アジア支部機構代表理事 池間哲郎さんの講演を聴きました。池間さんはサラリーマンを経て29歳の時に映像制作会社を設立。自らも写真家として出張で訪れた台湾で山岳民族の貧困と人身売買問題を知ったことがきっかけで、1990年よりアジア各国のスラム街やゴミ捨て場などの貧困地域の撮影・調査・支援を開始されたそうです。
 フィリピンの貧困地域で出会った12歳の少女に「将来の夢は何?」と訊ねたとき、「大人になるまで生きること」という彼女の答えに強い衝撃を受けたことが支援を継続している原動力になっていると。やり始めたら続ける事の大切さ、やり続けると何もなくても必ず何かが動きだし何かができることがあると力説。食べなければ命の保証のない貧困、どの子供たちもお腹一杯に食べる事が夢だと答えるそうです、その子供達に弁当を一つずつ与えてさあお食べなさいと云うと「お家へ持って帰っていいですか?」と。お腹一杯食べる夢は自分一人のものではなく同時に家族の もっと云えば民族一人一人の共通の夢でもあるんですね、食べることの喜びは生きる望みにつながって幸せになれるんだと思う。
 生徒達に向かって、自分一人で大きくなったと思っている反抗期真っただ中のみなさん、人をいじめてはいけませんよ、いじめる事は生きている存在を殺す事なんです。また君たちが大人になったとき子供に上下関係をきっちり教えられ 自分もその生き方を示しなさい。溺愛、過保護は絶対にいけないこと、溺愛、過保護で育てられた人からはありがたいという感謝の気持ちが出てこない。愛情は厳しさが伴わないと生きる力とはならないと。
 次々と映し出されるつらい逆境の中でも、懸命に生きている同世代の子供達の映像と写真を見ながら目に涙を浮かべている生徒さんもいた。私も同じでした。1、相手を尊敬する(上から目線で見ない)2、理解をする(知ることも大切)3、少しだけわける(余裕があるからあげるのではなく わかちあう)4、ボランテアで大切な事は自分自身が一生懸命生きることだ・・と。 最後はわれわれ大人に向かって子供たちは今日の話しを充分理解しているから余計な説教は一切しないで一緒に考えて欲しいと結ばれました。生徒さんたちのなかにもやらなくっちゃと勇気を一杯もらった人も多かったと思います。物質的な豊かさの中で日本人が忘れてしまった<生きること>を改めて考えさせられる ぐさりと心に響く素晴らしい講演でした。
by jijirei | 2013-11-29 07:01 | きまぐれ雑記


丹羽弘道さん  中日新聞 尾張版 写真掲載

2013年11月14日(木) UP
シニアライフ 音楽
 下記写真は長男の小学校時代からの友人丹羽弘道さんが、
この度中日写協一宮支部10月例会において一位入選された
「修行」という作品です。


d0095910_17171126.jpg

by jijirei | 2013-11-14 07:02 | きまぐれ雑記


みついの漬物 直営店『三井宮の蔵』開店!

2013年11月5日(火) UP
シニアライフ 音楽

d0095910_5571784.jpg 会長が同級生で高校まで一緒だった「みついの漬物」三井食品工業(株)が本社に直営店『三井宮の蔵』を開店、日曜日の連区ウオーク大会コース先にもなっていて立ち寄ったところ 300名を超す参加者ひとりひとりにお土産までいただきありがとう御座いました。
d0095910_16122513.jpg

by jijirei | 2013-11-05 07:02 | きまぐれ雑記


一宮市立丹陽小学校創立140年・移転30年周年を祝う会

2013年10月25日(金曜日)丹陽小学校屋内運動場にて
記事掲載  一宮市会議員 平松くにえさんblog
d0095910_16185560.jpg

校長先生の挨拶
d0095910_16203510.jpg

私の講演風景
d0095910_16293979.jpg

校歌にも出てくる青木川が近くを流れ、昭和30年頃は木の校舎、プールが出来る昭和33年年頃までは、この青木川で泳いでいた事。また3歳の男の子が川に落ちて尊い命が奪われた後 金網の柵が設けられ以後事故は起きていない。皆さんは絶対危ないところには近づかないようにして下さいね と話す。
私の小学生の頃の写真を見てもらい、当時は男の子は全員丸坊主、女の子はおかっぱ頭、お家でバリカンで整髪してもらえば安上がりで坊主頭にする事や制服が統一された決まりはいらぬ競争心を起こさない配慮が・・。履物はゴム草履・下駄が主流で今のようにアシックスの恰好いい履物などなかった。テレビもないから当然テレビゲームなどの遊びもなく、しょうや(めんこ)コマ回し、女の子はゴム跳び。水道もないから井戸から水をくみ上げて 生活、洗濯機も冷蔵庫も車だってどの家庭にもなかった事など話しました。変わらない事は今も昔も学校は先生のお話しをしっかり聴いて 下級生をしっかり面倒の出来る上級生であって欲しい そうすればいい伝統のバトンタッチができ丹陽小学校が益々良くなってゆくこと間違いなしと結びました。
d0095910_16343241.jpg

和太鼓演奏ー春明太鼓保存会のみなさんー
中央のでんと置かれた大太鼓は移転前の小学校のシンボルであった90年のケヤキを刳り貫いて作られた記念すべきものです。昭和58年小学校が移転する際移植も検討されましたが移植そして維持費などの関係で伐採となったようです。他新しい学校へ移転したものは『二宮金次郎の石像』『前の学校の校門』です。前の学校の卒業生にとって懐かしい昔が昨日の事のようによみがえって来ます。
d0095910_2056928.jpg

 丹陽小学校・学校便り 丹陽の風と音
by jijirei | 2013-10-29 07:01 | きまぐれ雑記

    

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧