みつい 禮の演歌部屋


2017年 12月 01日 ( 1 )



俳優・玉腰佳弘氏『あの頃の夢と今の夢』(丹陽中屋内運動場にて)

2017年12月1日(金)UP
シニアライフ 音楽
 丹陽生涯教育振興会の講演会、今回の講師玉腰氏は一宮市出身で、お隣の南部中学校で、2年生の担任が現丹陽中校長・成瀬先生で1年生の担任が音楽の野田先生という不思議な巡り合わせで実現。中1の時身長が144センチで騎手になる夢を描いた。3年で身長が177センチ、夢ははかなく消えたそうだ。部活は地味な剣道部、しかし今俳優になり寸劇などに生かされていると・・。大学で入部した演劇部で、その面白さにハマり、現在があると。!!恥ずかしがりで顔を表に出さず、いまの自分の立ち位置が表現できるナレーションという職業に出会えたのは、中学時代はおっちょこちょいでひょうきん者で人前でモノ真似などして、目立ちたりがり屋である反面恥ずかしがり屋でもあったことが結びつく。校長先生、生徒を舞台に上げ、会社の社長の隣りに君が立つ立ち位置はどこだろうと問いかけたり、また放送部の子には用意した原稿を読ませ、俳優という表現者として、憧れ、夢を持って今の自分の立ち位置を踏まえ、今やれることをしっかりやってください。私にもまだまだ伸び代があると思っている、自分の立ち位置をしっかり見つめつつ、夢に向かって進んでいきたいと結ばれた。
d0095910_15054184.jpg
d0095910_15055172.jpg
d0095910_15060114.jpg
d0095910_15061006.jpg
d0095910_15061967.jpg


by jijirei | 2017-12-01 07:00 | きまぐれ彩記

    

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧