みつい 禮の演歌部屋


2017年 11月 27日 ( 1 )



犬山・寂光院(じゃっこういん)紅葉・心も浸る!!

2017年11月27日(月)UP
シニアライフ 音楽
 寂光院(じゃっこういん)は、山号は通称継鹿尾観音(つがおかんのん)。この界隈では紅葉で有名なことから「もみじ寺」と呼ばれ、この時期は近在から紅葉狩りに訪れる人も多い。秋には約1000本 の紅葉が色づき、特に巨木が多く、木曽川沿いにあることから寒暖の差を受けて色鮮やかに紅葉が染まる。展望台へは庫裏事務所から320段の石段を上るが、脚に自信がない人もスロープカーがあるので安心だ。階段の途中に『笑迎八方来客』の碑、何時もみんな笑顔でいたいものですね。調べた結果、 『二度とない人生だから一輪の花にも 無限の愛をそそいでゆこう』は、「二度とない人生だから 」(作詞:坂村真民 作曲/歌:さとう宗幸)の歌詞の一部で『念ずれば花ひらく』も、坂村真民さんの詩の 一句だそうです。また、『どこへ歩く 仏のもとへ』という碑も・・。もみじ寺と呼ばれる紅葉の美しさもさることながら、碑のことば達がつんつんと私の心を突ついた。
d0095910_18112513.jpg
d0095910_18113578.jpg
d0095910_18114326.jpg
d0095910_18115726.jpg
d0095910_18121288.jpg
d0095910_18122084.jpg
d0095910_18122616.jpg
d0095910_18123242.jpg
d0095910_18124017.jpg
d0095910_18124601.jpg
d0095910_18131358.jpg
d0095910_18132225.jpg
d0095910_18132936.jpg



by jijirei | 2017-11-27 07:00 | きまぐれ彩記

    

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧