みつい 禮の演歌部屋


2017年 10月 31日 ( 1 )



遅れている「島畑」・「みついの里」の稲刈り!!

2017年10月31日(火)UP
シニアライフ 音楽
 一宮広報2017・11月号、中野市長の実り秋〜農業〜のメッセージによると、木曽川の水の恵みで盛んであった農業に使用されている土地は、市全体の4分の1ほどを占めて、平成27年度の農家数4442戸だそうで、自給的農家がほとんどで、経営農家は1279戸の3割程度だそうです。このような土地事情の中、当地区に「島畑」はある。台風の影響、雨続きで稲刈りがすっかり遅れ収穫は大丈夫か・・。田んぼの立て札は稲刈りを依頼してある業者に自分の田んぼの表示と、断裁しないで「藁」を残して欲しいなどの指示だそうです。重吉の『豊年祭り』は終わっちゃったんだけれど、収穫は大丈夫かなぁ・・。

作品№70
『みついの里』東に「御嶽山」西に「伊吹山」を望み、
一宮インターチェンジを近くに控え交通の便は良くなったが、
軽自動車さえすれ違うことの出来ない『島畑』もあって、珍しい
環境風景が今なお広がっています。

(作 詞/ナレーション:みつい 禮 作編曲:かなじま健 唄:戸高 登

d0095910_12261962.jpg
d0095910_12264294.jpg
d0095910_12264827.jpg
d0095910_12265536.jpg
d0095910_12270108.jpg
d0095910_12270945.jpg
d0095910_12271609.jpg



by jijirei | 2017-10-31 07:00 | きまぐれ彩記

    

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧