みつい 禮の演歌部屋


作品№155 兄弟漁師船

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:yasutaka maido 江木えきひと まいど のん yasutaka他 
  英語ヴァージョンB. Ito 

d0095910_19374384.jpg
恋はよ 愛はよ
若松みなと 出るときに
胸のまんなか 仕舞いこみ
吠えて牙むく 玄海灘に
舳先(へさき)真っ直ぐ 舵とる兄貴 
命あずけた命あずけた 兄弟漁師船

雲がよ 鳥がよ
頑張る勇気 くれるから
弱音なんかは 吐くもんか 
親父がわりの 兄貴が師匠
負けてたまるか あいつの船にゃ
気合一番気合一番 兄弟漁師船

雨がよ 雪がよ
大漁祝い 旗に舞う
兄貴俺見て にんまりと
陸(おか)にあがれば お神酒を奉げ
祀(まつ)る竜神 ふたりの絆 
漁場(うみ)に感謝の漁場に感謝の
兄弟漁師船

(2008年9月29日(月) 発表)
by jijirei | 2008-09-29 19:42 | 2008年の作品(13曲)

<< ツギヤンさんが MySound...      「一番星はお母ちゃん」 中川芳... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧