みつい 禮の演歌部屋


作品№154  一番星はお母ちゃん

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介
唄:yan suzuki yukine yasutaka maido2 yasutaka

d0095910_20592498.jpg
一番星見つけた~

鉛色した 都会の空に
いつか慣れっこ 悲しいものね
いまさら孝行 できないけれど
逢いに来ました お母ちゃん
ふるさとゆらゆら 情けの灯り・・
あふれる涙 止まらない

遅い帰りの わたしを待って
夏の夕立 吹雪の冬も
最終電車が ホ―ムに着けば
はじけ笑顔の お母ちゃん 
あの日の感謝が 言えないままに・・
この胸いまも 痛みます

過ぎた月日は おもえば遠い
たぐり戻して 昔のように
今夜は娘の この手をにぎり
歩きましょうよ 夜更けまで
想い出きらきら ふるさと小川・・ 
一番星は お母ちゃん

(2008年8月3日(日) 発表)
by jijirei | 2008-08-03 07:25 | 2008年の作品(13曲)

<< 「名古屋物語り」 橋永 いさむ...      「名古屋物語り」 松崎安孝さん... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧