みつい 禮の演歌部屋


作品№121 望郷列車

作詞:みつい 禮 作編曲:市川龍之介
唄:戸高 登 榛名津あき まいど 群馬のオヤジ のん  
  小林進 カラオケ ゆたか maido
  ①GaidoMero・maido・karaoke ②non・YanSuzuki 
  ③aki・suko・yutaka

d0095910_18253338.jpg
都の酒を 宅配便で   
先に送って 今年の冬は
親父の胸に 帰るんだけれど
ごめんよ ごめんな
約束果たせずに
たったひとりの 望郷列車

見送る女(ひと)の その手をにぎり
故郷(くに)のなまりで 別れをつげる
どうしてふたり 一緒に帰らない
人生 いろいろ
理由(わけ)ありなんだろと
知らん顔して 望郷列車

軋むレールの 音さえうれし
海は朝焼け 九十九里あたり
着いたよやっと 見えたよかあさん 
いいのに 駅まで
迎えに来なくても
胸が痛むよ 望郷列車

(2006年12月16日発表)
by jijirei | 2006-12-23 21:59 | 2006年の作品(25曲)

<< 2006作詞回顧!      作品№120 港居酒屋おんな詩... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧