みつい 禮の演歌部屋


作品№14 ご免なすって渡り鳥

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介 
唄:小林進 清蔵 榛名津あきVC まいど 戸高 登 maido
  ①カラオケ②Sujita③Kiyozou④Suko⑤Aki
 


d0095910_1363523.jpg
生きる証(あかし)の演歌二文字
一日(ひとひ)一生 心に刻み
花見 宴の 舞台に立てば
唸りも 冴える股旅演歌
ご免なすって・・・・
お耳拝借 ああぁ 渡り鳥

一期一会の この世の縁<えにし>
瞬(まばた)きすれば暦はかわる
あしたを語る 盃ならば
宴に 似合う 手拍子演歌
ご免なすって・・・・
お手を拝借 ああぁ渡り鳥

演歌一筋 涙もろさは
俺の自慢よ ねぇお客さん
鍛つぶした この声だけど
誰にもまけぬ 人情演歌
ご免なすって・・・・
お耳拝借 ああぁ 渡り鳥

(2002年7月1日発表)
by jijirei | 2006-11-01 14:27 | 2002年の作品 (16曲)

<< 作品№15 男の涙      作品№10 雪月花(せつげっか) >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧