みつい 禮の演歌部屋


映画『追憶』久し振りの映画・・館内で寝ませんでした!!

2017年5月28日(日)UP
シニアライフ 音楽
 20年以上経って再開する3人の幼馴染。1人は刑事、1人は容疑者、そしてもう1人は亡くなった被害者。あらすじは「ミステリー」や「サスペンス」のようですが、「ヒューマンドラマ」で、主人公・四方刑事(岡田准一)は過去の事件に囚われ、心を閉ざし、その心の動きに焦点が当てられて展開。亡くなった被害者の事件を追う過程で、改めて「過去」や「自分」と向き合うことになります。人と人との結びつき、過去の事件の関係者と久々に再会し、彼らを通して自らと向き合うことで、常に険しい顔を崩さなかった主人公が「囚われ」から解放されるラストで見せた安らかな表情が、とても印象的でしたねぇ・・。
d0095910_05551784.jpg
d0095910_05552577.jpg
d0095910_05553000.jpg
d0095910_05553623.jpg
d0095910_05554266.jpg


by jijirei | 2017-05-28 07:00 | きまぐれ彩記

<< 棟札に見る六所神社の歴史(一宮...       鯉・ヌートリア・葱坊主などな... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧