みつい 禮の演歌部屋


29年度優良公民館視察研修会その2

2017年5月15日(月)UP
シニアライフ 音楽
 高野山からバスに、うねりうねった急坂を揺られること二時間やっとたどり着いた、「日本三美人の湯」としても有名な龍神温泉は、弘法大師が難陀龍王の夢のお告げによって、約1300年前に開いたところからこの名がついたとされ、炭酸水素塩泉(ナトリウム)美肌効果の高い泉質、確かに風呂上がりはお肌がつるつるしたかな。宿を後に、厳格な密教の聖地として名高い高野山へ、弘法大師は『酒はこれ治療の珍』と 説かれ、お酒の効用を認め、飲酒を許し以来、この地では、寒さしのぎの為に般若湯『悟りを得る知恵の湯』として親しまれて来たそうです。お酒のみにはありがたき説ですよね。水向地蔵で先祖供養、金剛峯寺で旬のシャクナゲを拝見、お大師さまへの食事を御廟へ運ぶ10時30分の生身供[しょうじんぐ]も丁度見る事が出来ました。前世では敵味方の戦国武将の供養塔などにも、宗派を問わない高野山の寛容さを感じました。
d0095910_17400454.jpg
d0095910_17401002.jpg
d0095910_17401661.jpg
d0095910_17402264.jpg
d0095910_17402893.jpg
d0095910_17403329.jpg
d0095910_17403946.jpg
d0095910_17404410.jpg
d0095910_17404816.jpg
d0095910_17405340.jpg
d0095910_17405928.jpg
d0095910_17410454.jpg
d0095910_17411080.jpg
d0095910_17412243.jpg
d0095910_17414583.jpg


by jijirei | 2017-05-15 07:00 | きまぐれ彩記

<< 弥富の母の日      29年度優良公民館視察研修会その1 >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧