みつい 禮の演歌部屋


「~トーク&コンサート~ 難病を乗り越えて“光のステージへ”」              講師:ESPERANZA (エスペランサ)さん ~アーティスト~

2017年1月21日(土)UP
シニアライフ 音楽
 ご自身も阪神淡路大震災に遭われ、東日本大震災の時、励ましのため演奏に行ってくれないかとお誘いを受けたが、最初はモットーである「夢をあきらめないで大丈夫」なんてとても言えそうもなく、断っていたが、しかし「思いを寄せる」ことなら出来ると出向き、人との出会い、ものとの出会い、夢との出会いの大切さを知ったと。夢はあるんだけれど、突然クロンー病という難病の壁が降りかかり、普通のことが思うようにならない日々、夢に向かって頑張れば病気が重くなる、そんな時もあったそうだ。誰もがあの頃の頑張っていた自分を思い出し、あの時頑張ってくれた自分がいるから今がある。これからも生きないかん、感動せにゃいかん・・。体験から絞り出される言葉一つ一つが実に重い。フルートとオカリナそしてべースの深いサウンドが心に響き、エスぺランサの息のあった「心が浄化される音の世界」にじわっとこみ上げてくるものがあって、目頭が熱くなる。間違いなく酔わされた幸せな私が、そこにはいました。
d0095910_11072494.jpg
d0095910_11073490.jpg
d0095910_11074336.jpg
d0095910_11074904.jpg
d0095910_11075569.jpg
d0095910_11080379.jpg
d0095910_11080891.jpg



by jijirei | 2017-01-21 07:00 | きまぐれ彩記

<< 『ちょっと変わった公務員 仕事...      氷の張る田んぼは芸術だ!!  >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧