みつい 禮の演歌部屋


28年度 門松づくり 門松立て(三ツ井 六所神社)

2016年12月30日(金) UP
シニアライフ 音楽
 竹薮の所有者から竹をいただいて、役員一同が集って、毎年恒例のお正月飾りの定番 、門松づくり、門松立てを行ないました。農耕民族である日本のお正月は、元来「年神様」のお祭りで、年神様というのは新しい年の実りをもたらす「農耕の神」のことで、年に一度、年の始めに降臨して幸せを授けてくれるわれわれの祖先なのだそうです。そのため、年神様が滞在している期間、つまりお正月が明けるまで飾る伝統行事です。幟を立て、神社の掃除、火を焚いて新しい年を迎える穴も完成し、準備完了です。午後からは恒例のわが家と女房の実家のお墓参りに行って来ました。
d0095910_19482397.jpg

d0095910_19483938.jpg

d0095910_19484725.jpg

d0095910_19485792.jpg

d0095910_194945.jpg

d0095910_1949124.jpg

d0095910_19492037.jpg

d0095910_19492899.jpg

d0095910_19493641.jpg

d0095910_1949456.jpg

d0095910_19495373.jpg

d0095910_1950229.jpg

d0095910_1950959.jpg

d0095910_19502234.jpg

d0095910_19503673.jpg

by jijirei | 2016-12-30 07:01 | きまぐれ雑記

<< 写真で振り返る みつい 禮 2...      28年わが家の餅つき >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧