みつい 禮の演歌部屋


天王祭 無病息災・疫病退散を祈願

2016年7月23日(土) UP
シニアライフ 音楽
 天王祭は、「牛頭天王」という神様の祭りで、行疫神(疫病を流行らす恐い神様)とみなされ、この神を祀れば疫病などの災厄を免れるとして広く信仰されてきたそうだ。また、天王祭は水神祭である場合が多く、素足で農作業で水田に入る機会が多い農民から疫病は万延したのも興味深いところだ。土壌そのものもよくない時代に、働く人間の栄養事情も健康事情も決して万全とは言えない時代、ちょっとした傷口から侵入した雑菌が、悪しきやっかいな結果を出したことは言うまでもない。
d0095910_18101022.jpg
d0095910_18102776.jpg
d0095910_18103967.jpg
d0095910_18105558.jpg
d0095910_181164.jpg
d0095910_18111728.jpg
d0095910_18112893.jpg
d0095910_18113999.jpg
d0095910_18115044.jpg
d0095910_1812241.jpg

by jijirei | 2016-07-23 07:00 | きまぐれ彩記

<< 「きずな酒」 俺がいうのも な...      28年度 尾張農協年金友の会丹... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧