みつい 禮の演歌部屋


高桑定子「布楽絵展」(茶房&アートギャラリーあきしの庵にて)

2016年7月1日(金) UP
シニアライフ 音楽
 6月17日(金) ~ 6月29日(水)まで行なわれていた、ご近所にお住まいの高桑さんの布絵展を最終日に観させていただきました。どの作品にも作者の繊細な神経の息づかいが伝わってくる。ご主人が丹精込めて作られた野菜などにも想いをよせ、作品によっては、本物以上に本物らしさが、観る者を感動の領域へと引きずり込んでゆく。<身近なものに美しさを見つけ、自然のもつ素晴らしさを想いの布で、作品づくりを楽しんでいます>と仰るとおり、肩の力を抜いた制作態度、その指先の感性の凄さを堪能させてもらいました。
d0095910_556058.jpg
d0095910_5561580.jpg
d0095910_5563616.jpg
d0095910_55731.jpg
d0095910_5571751.jpg
d0095910_5572964.jpg
d0095910_5574229.jpg
d0095910_5575570.jpg
d0095910_558758.jpg

d0095910_63645.jpg

by jijirei | 2016-07-01 05:48 | きまぐれ彩記

<< 作品NO258 ふたり長良川      「恩返し」  この身を削り あ... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧