みつい 禮の演歌部屋


大脇多香子先生(コーチングアカデミー インストラクター)講演会 於:丹陽中学校

2016年6月2日(木) UP
シニアライフ 音楽
 28年度 丹陽生涯教育振興会第1回目の講演会は、お隣千秋町にお住まいの大脇多香子先生をお迎えして『キラキラ輝け!オンリーワン!』の演題で、お話を聞かせていただきました。現在49歳、大学生2年と4年生のお母さんだそうです。網膜色素変性症という難病で30歳後半に失明され、当初は思い悩むことが多々あったそうです。そんな障害を受け入れ明るく、前向きな気持ちでインストラクターとして活躍されています。最初に私は皆さんが見えません 普通はうなづくところを「うんうんと声を出して下さい」と、言われたのには・・驚かされました。『自分にとって大切ものは・・』という設問に先生二人が答え、続いて全校生徒がお隣同士3人1組になってそれぞれ一人づつ答えてゆく、他の二人はいいね いいねと相づちを入れる。いいねと言われると悪い気持ちにはならないから人間は、もっと話したくなるという。また『あなたのあこがれる人は だあれ』という設問も先生ニ人と先ほど3人1組となった生徒達、それぞれ順番に答えていたようだ。あこがれには、自分の未来が隠されていて、必要な人間像がそこにはあり、なれたらいいなぁ・・、どうしたらいいか・・、何かはじめよう・・など、色々考えることは取り入れるアンテナを広く高くすること。人と人との出会い(きっかけ)は人の繋がりで成り立っている、無限の出会いその縁を生かすこと。上手くいった経験も上手くいかなかった経験もピンチはチャンス未来の宝だと。何人もすべて平等であり、誰にでも幸せな未来がある。今の自分は未来につながっている自覚と、どれだけ人が味方してくれていても、応援してもらっていても、自分が自分の一番の、味方にならなければならない、・・と。
d0095910_5565716.jpg

d0095910_5571271.jpg
d0095910_5573097.jpg
d0095910_5574936.jpg
d0095910_55814100.jpg
d0095910_5583020.jpg
d0095910_5584459.jpg
d0095910_559218.jpg
d0095910_5592283.jpg
d0095910_559353.jpg

by jijirei | 2016-06-02 07:00 | きまぐれ彩記

<< 「きずな酒」 おなじ女が 初恋...      ふりかえれば・・・28 ひとり... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧