みつい 禮の演歌部屋


27年度・丹陽中部和寿会「慰霊祭」 (於・真珠院)

2016年3月10日(木) UP
シニアライフ 音楽
 中部和寿会老人クラブは現在8クラブで会員600名、昨年2月から今年1月末までに16名の方がお亡くなりになりました。その慰霊祭を真珠院に於いて、当院村岡ご住職をご導師様に、執り行いました。3名の当地区市会議員の先生方は、3月定例会中につき残念ながら欠席でしたが、ご遺族のご家族、そしてお忙しいところ丹陽出張所所長さん、丹陽連区長さん、丹陽公民館長さん、町内会長さんと、ご列席いただきありがとうございました。慰霊祭の後、27年度総会、会計報告、28年度新役員の自己紹介とつづき、最後は村岡先生の法話。今年の干支申に因んだ、ご自身で創作された「さ」で始まり「る」で終わる<さっぱりダメだと さじ投げ出すな 再度挑戦 望みある><さんざん遊んで 財布はおけら サラ金地獄が 待っている><札束積んでも 逆立ちしても 授からないもの やはりある><災厄除き 幸い招く 先の吉凶 誰が知る><咲いた花でも 盛りはわずか さみしさ残して 風に散る>など納得の都々逸披露。お座敷小唄の替え歌「ボケます音頭」を合唱して終了しました。なお、会員さんには今年も、青柳総本家のかえる饅頭6ヶ入り一箱が配られます。
d0095910_18365484.jpg

d0095910_18371244.jpg
d0095910_18373421.jpg
d0095910_18375076.jpg
d0095910_1838970.jpg

d0095910_18422571.jpg

by jijirei | 2016-03-10 07:00 | きまぐれ彩記

<< 新和食屋みたき で昼食 お友達...      27年度 素晴らしい6年生を送る会 >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧