みつい 禮の演歌部屋


左義長 (どんど焼き)

2016年1月11日(月) UP
シニアライフ 音楽
 昨年、六所神社に立てた門松、各家庭の正月飾り、書き初めなどを焚き上げ、一年の健康を願う伝統行事です。この地域では毎年第二日曜日と決まっていて、名古屋城を起点として、今年の恵方である南南東から、次年度の年番長が点火して行事開始です。藁は笑って一年暮らせるよう、また豆殻はまめに一年暮らせるようにと縁起かつぎと五穀豊穣を願って焚かれるようです。景気よく爆ぜる竹の音のように、景気の良い年になって欲しいものですね。燃え上がっていた左義長の火がおさまると、それぞれが持参した鏡餅を火に埋め、無病息災を祈って焼き、家庭に持ち帰り家族でいただきました。
d0095910_158966.jpg
d0095910_1583067.jpg
d0095910_1584696.jpg
d0095910_159991.jpg
d0095910_1510288.jpg
d0095910_15105245.jpg
d0095910_15111645.jpg
d0095910_15113625.jpg
d0095910_1512035.jpg
d0095910_151225100.jpg
d0095910_15124082.jpg
d0095910_1513285.jpg
d0095910_15131974.jpg
d0095910_15133620.jpg

by jijirei | 2016-01-11 07:00 | きまぐれ雑記

<< 「望郷列車」 故郷(くに)のな...      「望郷列車」 親父の胸に 帰る... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧