みつい 禮の演歌部屋


三井宮蔵 新しい水差し

2016年1月9日(土) UP
シニアライフ 音楽
 昨年の暮、町内の門松の竹をいただきに来ていたわれわれと、三井宮蔵庭の新しい水差しの竹を調達のために来ていた、みついの漬物・会長と竹薮で一緒でした。その完成した水差しを見させてもらうため、本社にお邪魔しました。
 毎日参拝に出掛けている女房は11円を入れているようです、なぜ11円なのか、10円はとおえんで“遠縁”、なにごとも縁が遠ざかることは避けたい。1円を奮発することで縁起がよくなればありがたいですものね。また十分ご縁があるようにと15円など。三井宮蔵庭の手水鉢は国府宮さんの裸祭りに、丹陽町が奉納した餅を搗いた記念臼で、これまた縁起の良い代物で、臼底には終始ご縁がありますようにと45円が入れてありました。この庭には会長、社長の思い入れが込められているんですよと、足立さん。是非、一度お立ち寄りになって、幸運をいただいて来て下さい。

d0095910_15284775.jpg
d0095910_1529239.jpg
d0095910_15292131.jpg
d0095910_15293795.jpg
d0095910_15295591.jpg
d0095910_15301222.jpg
d0095910_15302623.jpg

by jijirei | 2016-01-09 07:00 | きまぐれ彩記

<< 「望郷列車」 親父の胸に 帰る...      「港居酒屋おんな詩(うた)」 ... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧