みつい 禮の演歌部屋


知っていると生き方が変わるNo.76 相田みつをの名言

2015年9月18日(金) UP
シニアライフ 音楽
(1924年5月20日 - 1991年12月17日)詩人・書家。平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られる。批判も数多くある中 立松和平は相田を「思想の語り部」と評し、「難しい言葉を一つも語らないで、仏教の根本的な哲理のようなものを語ってしまう。そして、それを読んだ人に『なにかが残る』んですね。残るということは、その先の世界があるということです。と語っている。
d0095910_7325969.jpg

by jijirei | 2015-09-18 07:00 | 知っていると生き方が変わる

<< 「海峡越えて」 二年暮らした ...      「土佐守一豊」 去るは哀しき ... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧