みつい 禮の演歌部屋


一宮市立丹陽小学校 移転30年に新しい歴史が加わる

2014年4月4日(金) UP
シニアライフ 音楽
 愛知県丹羽郡丹陽村 村立丹陽小学校が昭和30年に一宮市に合併して一宮市立丹陽小学校になりました。一宮市になって第一回卒業生が私で、息子が旧小学校最後の卒業生。また長女が新小学校の第一回卒業生で今年度のPTA会長で孫が6年生になります。何か不思議な巡り合わせを感じています。昨年創立140周年移転30年を祝う会が現在の小学校で行われ こちらには移植されなかった旧小学校の運動場に聳えていたシンボル、樹齢90年のケヤキで創った大太鼓の演奏が披露され腹底に響く音に子供達は伝統の重みをずっしりと感じとったことでしょう。また一つ歴史を重ね4月7日の入学式から始まる新学期 元気な子供達の声が飛び交う日はもうすぐです。
昭和30年頃の丹陽小学校と青木川
d0095910_15372858.jpg

昭和58年伐採前のケヤキ(後に大和太鼓となる)
d0095910_15403478.jpg

平成14年4月 新学期を待つ校門の桜は満開 
d0095910_15443921.jpg

ケヤキで創った和太鼓
d0095910_15513013.jpg

by jijirei | 2014-04-04 07:00 | きまぐれ彩記

<< 「かもめさん」 北へ流れて い...      一宮市三ツ井の島畑 >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧