みつい 禮の演歌部屋


『初めての大作展』 一宮市三岸節子記念美術館

2014年3月8日(土) UP
シニアライフ 音楽
 今年も2014/3/4〜3/9まで三岸節子記念美術館に於いて友人の河野孝江さんが「初めての大作展」と題してお仲間と展覧会を開催されました。梶川照子 木村弘子 小林美和子 河野孝江 越野正義 田中敬三 田中桂子 中野 茂 成田厚博 西脇豊子 長谷川淑恵 樋口ふみ江 正田忠司 光川義人(出品者 敬称略)他 浅野恒子 春日井 操 中島あさ子 中島ともゑ 壬生照子(賛助出品 敬称略)。いずれにしてもわれわれと同年代であろう人たちの力作ぞろいに圧倒される。私みたいにほとんど動力のいらない創作過程とは雲泥の差があるように思えるのだ。こんな細かい線を描くのに積み重ねの経験がものを言うとはいえ製作中に震えはしないだろうかなどとおのれの身体の衰えと照らし合わせながら見させてもらい、刺激を一杯もらってその触発を生かさねばと・・・。
 昼食を一緒にしょうということで松田くんが「紅花」を予約してくれていました。「紅花」といえばご主人故・加藤庄吉くんも同級生であったと思い出し その気の効いた計らいに胸が熱くなりました。少し遅れた福田一巧くんも加わって昔話に花が咲き 再会を約束して帰路に付く。

d0095910_16395925.jpg

by jijirei | 2014-03-08 16:41 | きまぐれ彩記

<< 「あほんだらつがい鳥」 いつも...      「指宿みれん」 宵の眉月(まゆ... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧