みつい 禮の演歌部屋


「男の純情」だけど迷いごころを 断ち切って・・・! 

シニアライフ 音楽
◎越中太郎musicスタジオ借間カラオケページ
◎2013年3月27日(水) UP
作 詞:みつい 禮  作編曲:市川龍之介
唄:演歌男宿

d0095910_1556161.jpg
死ぬほど辛いのと 
  そんなに哭(な)くな
俺だって哭きたいよ 桟橋カモメ
馬鹿な男が いたことを 忘れなよ
純な男の見る夢を
分かって欲しいよ この俺の
男の純情

指輪を波間に 捨てたいなんて
もう一度言ったなら 許しはしない
おまえ 帰る港が あるじゃない
叛く過ちないままに
貫きたいのよ これからも
男の純情

別れのさよならを 
  なぜなぜ急(せ)かす
この胸 せつないよ 最終霧笛
だけど 迷いごころを 断ち切って
古い男の 抱くロマン
守ってゆきたい 通したい
男の純情

             

           ◎皆さんの歌声はこちら
by jijirei | 2013-03-27 07:32 | 作品トピックス

<< 「伊吹風節」 細いあぜ道 母乳...      「近藤勇」「敵とて人ぞ・・」無... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧