みつい 禮の演歌部屋


「かざぐるま」 忘れない3・11 鎮魂・復興の春2・・・!

シニアライフ 音楽
◎2013年3月12日(火) UP
作 詞:みつい 禮  作編曲:市川龍之介
唄:演歌男宿 まいど 小林進 yansuzuki 清蔵
  山田さだし 榛名津あき えきひと

d0095910_1835262.jpg

前をさえぎる 何もない
丘に登れば 海からの汐風(かぜ)
頬に 躯(からだ)に 痛いよつらい
爺ちゃん婆ちゃん 泣いたらいかん
大地を信じて 祈りましょうね
出てこい出てこい つんつんつくしんぼ

梅雨(あめ)がにくいよ がれき山
足をとられる ぬかるみの道
おれの叫びが 呼んでる声が
父ちゃん母ちゃん 聞こえているか
背中をあとおし こころの支え 
明日は天気に てるてるてる坊主

漁師だましい やすやすと 
捨てる訳には いかないんだよ
継いだ 生業(なりわい)ご先祖さまに
ご恩のおかえし 忘れちゃならぬ
舳先に出直し 赤白黄色 
風受けまわれよ くるくるかざぐるま


                

           ◎皆さんの歌声はこちら
by jijirei | 2013-03-12 06:47 | 作品トピックス

<< 「希望の灯り」 忘れない3・1...      「故郷消えちゃった」 忘れない... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧