みつい 禮の演歌部屋


「望郷列車」 着いたよやっと 見えたよかあさん・・・!

シニアライフ 音楽
◎動画制作:越中太郎ページ
b>◎2013年2月9日(土) UP
作 詞:みつい 禮  作編曲:市川龍之介  
唄:小林進

d0095910_13464154.jpg
都の酒を 宅配便で   
先に送って 今年の冬は
親父の胸に 帰るんだけれど
ごめんよ ごめんな
約束果たせずに
たったひとりの 望郷列車

見送る女(ひと)の 
  その手をにぎり
故郷(くに)のなまりで 
   別れをつげる
どうしてふたり 一緒に帰らない
人生 いろいろ
理由(わけ)ありなんだろと
知らん顔して 望郷列車

軋むレールの 音さえうれし
海は朝焼け 九十九里あたり
着いたよやっと 見えたよかあさん 
いいのに 駅まで
迎えに来なくても
胸が痛むよ 望郷列車



◎皆さんの歌声はこちら
by jijirei | 2013-02-09 07:39 | 作品トピックス

<< 「名古屋物語 」雪の納屋橋 広...      「追愛(ついあい)」 かもめ哭... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧