みつい 禮の演歌部屋


「津和野旅情」 当て無く書き足す 湯上りつづり・・・!

シニアライフ 音楽
◎越中太郎musicスタジオ借間カラオケページ
◎2013年2月1日(金) UP
作 詞:みつい 禮  作編曲:村雨希望  
唄:otokoyado 演歌男宿

d0095910_15304238.jpg
恋につまずく 女の旅は 
涙みちづれ 乗った汽車
軋むレールの その先に
石州瓦の 赤い屋根
ほんとは二人で 尋ねたかった
着いた終着 津和野駅

ふたつ並んだ 掘割鯉が
跳ねて白壁 濡らすたび
秋風(かぜ)がこの身に まといつき
未練がなおさら つのるだけ
入ったお店の ひょっとこお面
こころ癒して くれますか

まぶし水面よ 津和野の川に
過去を捨てます 流したら
明日を信じて いいですか 
待ったら幸せ くるかしら 
当て無く書き足す 湯上りつづり 
月夜ほろ酔い 城下宿


◎皆さんの歌声はこちら
by jijirei | 2013-02-01 07:22 | 作品トピックス

<< 「愛」 月夜に翼を映しては・・・!       「無人駅」 男を知らない 女の... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧