みつい 禮の演歌部屋


「無人駅」 男を知らない 女の馬鹿を・・・! 

シニアライフ 音楽
◎越中太郎musicスタジオ借間カラオケページ
◎2013年1月31日(木) UP
作 詞:みつい 禮  作編曲:のんた  
唄:otokoyado 演歌男宿

d0095910_1591990.jpg
あの人どこへ 消えたのよ
連れていくよと 聞いたから
鞄に荷物 詰め込んで 追ってきた
 待って待って カンナが燃えて 
 こころこころ こころ乱る 
 卑怯よ姿を 見せないなんて
 涙こらえて 叫んでも
 未練を染めても 陽が沈む
 夢の抜け殻 無人駅

男の中味 見抜かなきゃ
ママが云ってたわ ほんとうね  
いまさら お店にゃ帰れない 戻れない
※愛は愛は 苦しいものね 
 月よ月よ 照らさないで
 男を知らない 女の馬鹿を
 愛の細道 とおりゃんせ
 夜どおし泣いたら 風がいう
 しぐれ冷たい 始発駅


◎皆さんの歌声はこちら
by jijirei | 2013-01-31 07:29 | 作品トピックス

<< 「津和野旅情」 当て無く書き足...      作品NO221 あぁ感無量 >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧