みつい 禮の演歌部屋


作品NO216   生きる

作 詞:みつい 禮
作編曲:市川龍之介 カラオケVC
唄:演歌男宿 maido 榛名津 あき ISAMU aki
  suko 山田さだし 初音ミク


d0095910_4152776.jpg
生きてる時代が 悪いとか
思いどおりに ならぬとか
不満だらけさ世の中は
大河の底を流されて
たとえば転がる 石でさえ
水にまかせて海にでる

時代に逆らい あるがまま 
すねたおのれで 生きようと 
それも生き方それはそれ
けものの唄に踊らされ
たとえば僕(しもべ)に 
なろうとも
人道(みち)をはずせば人でない

その手が時代の 芽を摘めば
花の咲かない 明日がくる
不満だらけを呑みこんで
こころの中にやさしさの
たとえば鎧(よろい)を つけたなら
風も後押し味方する

(2012年9月19日(水)発表  UP)
by jijirei | 2012-09-19 06:31 | 2012年の作品(15曲)

<< 「愛」  許すすべなく 恋づか...      「秋桜迷子」 琵琶湖夕なぎ 秋... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧