みつい 禮の演歌部屋


名古屋オフ会 2012 松かおりさんを迎えて・・・!

d0095910_6552617.jpg

名古屋地方は18日の雷 土砂降り雨で朝方は肌寒いぐらいで快適、
しかし、名古屋に到着するや やはり暑い、やはり名古屋だと・・。
例年通り集合場所は新幹線乗降口にある 今や有名な銀の時計前、
12時30分が集合時間40分ぐらい前からあっちこちとキョロキョロ
最初に登場はHPダンディ-ズの名前そのままの紳士にみついさんです
かと声を掛けられる、ハイ都筑さんですかと声を掛ける、お年寄り達の
施設に、ボランティアで慰問活動を続けられているグループの主宰、
初めてのご対面ながらお互いにHPで面が割れているので 旧知の仲の
ような対面、面倒な気遣いをしなくてもいいのが何よりですね。
市川先生、小林さん、今は横浜にお住まいの京鈴さんの関東勢が
一緒の新幹線で次々と到着。
 地元多治見の浴衣の君さん、富山からバスで4時間のまいどさんも、
千葉の橋永さんは故郷山口へ帰郷中 ユーターンして名古屋入り・・。
そして皆さんには内緒にしていましたが、エージャン倶楽部では
「愛西の詩」でおなじみ今はクラウンのプロ歌手 松かおりさんも
4時まではお付き合い出来ると駆けつけてくれました。参加者全員が
揃ったところで 歩いて3分のカラオケビックエコーへ、

 オフ会場へ到着早々メカに詳しい市川先生とまいどさんがDVD
再生機をモニターに接続、市川演歌を歌う会の開演です。飲み物
などを運んでくる店員さんにしてみれば手作りの映像を流し歌って
いる叔父さんたちの不思議な集団には?の表情。まぁ珍しい集団で
あったことは間違いないでしょう。
 3年ほど前まではオリジナル曲はCDと歌詞カードを持参して歌った
ものだが、DVDの普及と字幕スーパー技術をいち早く導入の先生を
始め 動画制作の達人が何人も在籍するのはまさに心強い。
さながらカラオケ店で流れる映像そのままの画像で オリジナル曲を
歌うのは気分の良いものですね、そして松かおりさんがDAMに
入っている新曲「別れ桟橋 涙雨」デビュー曲の「伊良湖恋唄」を
歌ってくれました。さすがプロ、当然のことながら上手い。
松さんは「カラオケ情報誌エース」の記者と会うため4時に退席、
その情報誌の締め切りが本日で このオフ会の写真と記事を
掲載してもらうため・・とのこと後日また、掲載された記事は
カラオケ店から譲り受け 掲示板に報告させてもらいます。
歌って 喋って 飲んで 食っての あっという間の5時間、楽しい
一時をありがとうございました。都合で参加できなかった方も
鬼が笑ってもいいから 来年こそはと今から心待ちに待っていて下さい。

by jijirei | 2012-08-20 06:56 | きまぐれ雑記

<< 「友よ」  いまさら弱音逃げ腰...      「犬山慕情」  雪の重さに 哭... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧