みつい 禮の演歌部屋


「一輪懺悔」 そんな裸足のおなごのために・・・!

◎2012年3月20日(火) UP
(作詞:みつい 禮 作編曲:市川龍之介)  
 唄:小林 進  HP

d0095910_1330289.jpg
(台詞)
最近まで 世間の物差しでは 
測れない
横道に反れっぱなしの
ちいっぽけな人間で
ございました。
両親に手向けた薔薇一輪は
自分流のせめてもの懺悔の
形でございます。


芽のでない
生きざまだった ふきだまり
背いた父親(おや)は 三年前に
逝っちまったよあのとやらへ 
ずいぶん哭(な)かせた妹も
生きてりゃ四十二歳か 逢いたいぜ


◎皆さんの歌声はこちら
by jijirei | 2012-03-20 06:22 | 作品トピックス

<< 「幸せになりますね」 写真で義...      「浪花酔いどれ」 東日本大震災... >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧