みつい 禮の演歌部屋


「望郷曼珠沙華 」尋ねたアパート となりから・・・!

◎2011年10月11日(火) UP
(作詞:みつい 禮 作編曲:市川龍之介) 
 唄:演歌男宿

「ここまでやってこれたのも 
  ふるさとをずぅ~と こころの奥に
   仕舞いこんで きたからからなんだ」

d0095910_5422296.jpg
いちどは愛を 掴んだけどさ
半年前に 逃げられちゃったんだ
話せばお袋 また泣いて   
しっかりしなよと 言うだろな 
ぶざまなおれの 足がもつれる
望郷はしご酒

◎皆さんの歌声はこちら
by jijirei | 2011-10-11 05:46 | 作品トピックス

<< 「雨宿り」ネオン暮らしが恋しい...      作品NO200 名古屋の夜 >>

愛知県一宮市より発信!みつい 禮の作詞活動、俳句作品、生き方が変わる名言、きまぐれ彩記などの記録
by みつい 禮(岩田禮仁)
掲示版
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧